Record China

ヘッドライン:

韓国のバラエティーきっかけに、高島炭鉱“強制徴用”供養塔への道を募金で整備=韓国ネット「番組よ、ありがとう」「国家予算をこういう所に」

配信日時:2015年10月22日(木) 10時5分
拡大
20日、韓国のバラエティー番組で紹介され話題となっていた高島炭鉱の犠牲者供養塔までの道が、韓国人の募金によりこのほど再整備された。このニュースに、韓国のネットユーザーから感謝や称賛の声が寄せられている。資料写真。
(1/2枚)

2015年10月20日、日本による植民地時代に朝鮮人の強制徴用があったとされる高島炭鉱(長崎市)の犠牲者供養塔までの道が、韓国人の募金によりこのほど再整備された。この活動を中心となって行った誠信女子大の徐ギョン徳(ソ・ギョンドク)教授が明らかにし、韓国・エクスポーツニュースなどが伝えた。

その他の写真

7月に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録された「明治日本の産業革命遺産」の一つである高島炭鉱は、9月に韓国の人気バラエティー番組「無限挑戦」で紹介され、韓国で大きな話題となっていた。番組放送後、徐教授の元には「供養塔を訪ねたい」との韓国人からの連絡が相次ぎ、教授は通りにくくなっている供養塔までの道の整備が必要と感じたという。

50メートル余りの道の再整備は、徐教授ら5人が2日間をかけて完了した。現地までの交通費や再整備作業にかかる費用はすべて韓国人らのインターネット募金で賄った。教授によると集まった金額は1800万ウォン(約190万円)余り、残った費用は供養塔への案内板設置や朝鮮人労働者が暮らした京都府ウトロ地区の歴史館建設に充てる考えだ。

「無限挑戦」は先月までに、日本による朝鮮人の「強制徴用」があった現場を番組レギュラー出演者らが直接訪ねる企画を数回放送しており、韓国で大きな反響を呼んでいた。

今回の報道に、韓国のネットユーザーからは「番組のパワーを公益に使うのはグッド!」「教授、尊敬します」「無限挑戦、ありがとう」など称賛の声が数多く寄せられている。また、「番組が見せてくれなかったら韓国が一生知らずにいたかも」「政府が知らんぷりしていることを番組がやってくれた」「国家予算はこういう所に使うべき」と、歴史問題に関する韓国政府の対応を批判する声も目立った。(翻訳・編集/和氣)

関連記事

日本が朝鮮人の「強制労働」認めた討議記録、世界遺産委員会のウェブサイトに掲載=韓国ネット「次は慰安婦だ」「単に議事録が掲載されただけ」

11日、韓国・聯合ニュースによると、明治日本の産業革命遺産施設の世界遺産登録時に朝鮮人の強制労働を認めた日本側の発言が、公式文書に掲載された。この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。写真は軍艦島。

Record China
2015年10月12日 7時10分
続きを読む

日本人教授「日本統治時代、日本人と韓国人の間に差別はなかった」=韓国ネット「謝罪する必要がないってこと?」「差別を主張しても証拠がない…」

28日、韓国メディアによると、日本人教授が「日本統治時代に日本内の炭鉱現場などで、日本人と韓国人の間に差別はなかった」と主張した。これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。資料写真。

Record China
2015年9月29日 11時21分
続きを読む

朝鮮人“強制労働”犠牲者の遺骨、70年ぶりに日本から帰国=韓国ネット「故国の地で安らかに」「軍艦島の遺骨も帰らせてあげたい」

18日、植民地時代、日本による強制労働で犠牲となった朝鮮人の遺骨が韓国・釜山に到着し、70年ぶりの帰郷を果たしたとの報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。資料写真。

Record China
2015年9月20日 7時41分
続きを読む

韓国の人気番組MC、日本の“強制徴用”生存者を訪ね涙=韓国ネットに感動の嵐「涙と鼻水が止まらない」「外国語字幕を付けて世界に広めよう」

5日、韓国MBCのバラエティー番組「無限挑戦」で、番組MCユ・ジェソクらが日本の「強制徴用」跡地に今も暮らす韓国人を訪ねた模様が放送され、韓国のネットユーザーから大きな反響が起こった。資料写真。

Record China
2015年9月7日 14時17分
続きを読む

「軍艦島の説明に日本としての考えを」、内閣官房参与が発言=韓国ネット「思った通り、本性を現したな」「やはり日本人は信用を裏切る」

11日、韓国・京郷新聞によると、世界文化遺産登録を推進した日本政府の官僚が、朝鮮人徴用に関して「日本独自の視点で歴史的情報を提供しなければならない」と述べた。この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。写真は軍艦島。

Record China
2015年9月13日 7時40分
続きを読む

ランキング