重慶市が「抗日戦争跡地保護利用規則」を発表=保護責任の明確化で教育、宣伝、観光に活用―中国メディア

配信日時:2015年10月1日(木) 13時24分
重慶市が「抗日戦争跡地保護利用規則」を発表=保護責任の明確化で教育、宣伝、観光に活用―中国メディア
画像ID  487378
29日、重慶市文化委員会は、抗日戦争跡地の保護と利用に関する規則「重慶市抗日戦争遺址保護利用弁法」を発表した。戦争の跡地の保護と利用について責任を定めたもので、違反者は処罰される。写真は重慶大爆撃犠牲者の記念碑。
2015年9月29日、重慶市文化委員会は、抗日戦争跡地の保護と利用に関する規則「重慶市抗日戦争遺址保護利用弁法」を発表した。戦争の跡地の保護と利用について責任を定めたもので、違反者は処罰される。中国新聞網が伝えた。

その他の写真

今回の措置により、市、区、県などの指導者の責任が明確化され、跡地のランドマークや区域の保護利用の規則が定められた。また、保護責任者が通知書や技術的手順に沿って跡地を修繕、管理するよう定めている。

また、跡地の保護を徹底するため、重慶市は「重慶市抗日戦争遺址リスト」を作成し、保護対象を明確化、各跡地について保護の範囲や建築規制を定めた。

同規則では跡地での展示館、博物館の開設を奨励しており、観光部門が抗日戦争にまつわるルートやサービス、お土産などの開発を進めることになる。地図や公共交通機関、道路標識にも跡地の情報を盛り込むことを求めている。また、抗日戦争に関する愛国教育や宣伝、研究を行い、跡地保護による成果を積極的に利用して抗日戦争文化を広めることを奨励している。

保護や利用責任を履行しない、環境を破壊するなどの行為があった場合は厳しく責任を追及することが定められている。市の関係部門が定期的に保護状況を評価し、その結果を公表する。

戦時中、国民政府臨時首都が置かれていた重慶市には抗日戦争跡地が395カ所あり、中国で最大級の規模を持つ。2017年までに50カ所を修繕する見込みで、今年は重点地区20カ所で修繕と展示が行われるという。(翻訳・編集/岡本悠馬)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事