1世代で立場逆転、中国はイギリスの教師に=「今ではわが国が中国に鉄道と原発を求めている」―英紙

配信日時:2015年9月30日(水) 12時12分
1世代で立場逆転、中国はイギリスの教師に=「今ではわが国が中国に鉄道と原発を求めている」―英紙
画像ID  487376
28日、英紙コラムで、「中国は英国の教師ができるようになった」と題した記事が掲載された。写真は中国の高速鉄道。
2015年9月28日、英紙コラムで、「中国はかつての教師に教えを授けられるようになった」と題した記事が掲載された。環球時報が伝えた。

その他の写真

英国のオズボーン財相が訪中した際に、中国に高速鉄道プロジェクトでの支援を求めた。それより前には、英国での原子力発電所建設でも支援を求めている。筆者はこれに幾分かの困惑を覚える。

30年前の1985年、筆者は政府の援助プロジェクト実施のために中国を訪れ、北京、上海、広州、そして農村地域を歴訪した。北京は自転車に乗る人で埋め尽くされ、誰もが青い人民服を着ていた。英語を話せる人はほとんどいなかった。中国の大学は技術と科学知識を必要としていた。我々は中国側と中規模の奨学金プロジェクトを立ち上げ、大学の卒業生を選抜して英国に派遣し、理工科の修士、博士を学ばせた。

1年後、筆者は英中友好奨学金計画のスタッフとなった。これは10年間のプロジェクトで、毎年優秀な中国人(ほとんどが理工科の大学卒業生)が奨学金を手にして英国で学び、博士の学位を取得した。このプロジェクトは英国の援助を利用したもので最も成功したものの一つだと言えるだろう。

では、筆者はなぜ困惑を覚えたのだろうか。30年前、目の前に広がっていたのは、広大だが貧しい国で、人々は援助と専門知識を求めていた。今、たった1世代で、我々が中国に高速鉄道の技術を求めるようになったのだ。かつて、インド、シリア、南アフリカなどの国に鉄道技術を提供する側だった我々が、中国に原発建設を求めるようになってしまったのだ。いったい問題はどこにあるのだろうか。

答えは一つではない。我々は怠けていたわけではない。歴代の政府は金を金融サービスに投じ、銀行の好き放題を許し、投資家が誰も住まないロンドンの豪邸に投資することを許してきた。だが、それが科学研究に全力を尽くさない口実になるだろうか。中国は真剣に研究とイノベーションに取り組み、1世代で豊かになってみせた。この国に、我々が学ぶものは何もないといえるだろうか。(翻訳・編集/岡本悠馬)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事