Record China

ヘッドライン:

世界で繰り広げられる2大ショー:ギリシャ危機VS中国株式市場暴落の行方は―英メディア

配信日時:2015年7月10日(金) 8時39分
拡大
8日、BBC中国語版は「世界を舞台にした2大ショー:ギリシャ債務VS中国株式市場」と題した記事を掲載した。
(1/2枚)

2015年7月8日、BBC中国語版は「世界を舞台にした2大ショー:ギリシャ債務VS中国株式市場」と題した記事を掲載した。

その他の写真

世界を舞台にした2つの大きなショーが演じられている。一つ目の主役はギリシャの債務危機、もう一つの主役は中国の株式市場と約9000万人の投資家たちだ。ちょうど世界の目がギリシャに向いているころに、突然中国の株式市場で起こった出来事に人々は驚いている。

中国株式市場からは、ここ3週間ですでに3兆ドルに上る金額が消し飛んでいる。一方のギリシャの債務は3230億ユーロ、そこにはIMF(世界通貨基金)の16億ユーロも含まれている。

BBCのベテランデスクは、両者の違いについて、ギリシャがデフォルトすれば、その損失を負うのは欧州諸国の一部と国際金融機関だが、中国株の損失は9000万人の投資家が負うことになると語る。この9000万という数字は、中国共産党の党員の数よりも多い。だからこそ中国政府は救済へと動くのである。

専門家たちは、中国株の大きな起伏は正常な現象だが、他と違うのは投資家のほとんどが個人投資家だということだと指摘する。株式市場の成熟には、上場企業の質の改善とともに、現在の個人投資家主導ではなく機関投資家の集団が必要だ。そして、市場を外国に開放し、海外の金融企業に大きな役割を担わせ、外国企業の上場も認める必要がある。必要な改革が行われなければ、中国株は今後も価値のある投資にはなり得ない。

もしも、中国あるいはギリシャが引き起こす金融危機が世界経済の信用を揺るがすことになれば、FRB(連邦準備制度)や英国中央銀行もゼロ金利から抜け出せなくなり、世界経済の前途も楽観を許さないものになるだろう。(翻訳・編集/岡本悠馬)

関連記事

上海株価が急反発、中国当局の下支え策が奏功―東証株価も買い戻され、117円高の1万9855円で終了―9日のアジア市場

9日、朝方急落した東証株価は、その後中国・上海相場が反発したため下げ幅を縮小、大引け間際に急反発し前日比117円86銭高の1万9855円で終了した。中国上海総合指数が反発、上げ幅は5%を超えた。写真は上海市。

八牧浩行
2015年7月9日 16時3分
続きを読む

<中国株急落>学生トレーダーは“両親”という資金源を背景にゲームを続行する―シンガポール紙

9日、中国株の急落が止まらない。前日には上海・深センの両取引所で約1300社の企業が売買をストップするという異常事態となった。しかし、シンガポール紙の報道によると、中国の学生トレーダーの多くはこれ契機に投資をやめる意志はない。写真は中国の証券取引所。

Record China
2015年7月9日 17時19分
続きを読む

世界連鎖株安止まらず!東証株価が大幅続落、一時600円安の19100円台前半=3カ月ぶり安値―中国株変調とギリシャ危機で

9日、東京株式市場で日経平均株価が続急落、一時前日比600円以上も安い19100円台前半を付けた。市場関係者によると、ギリシャ危機拡大に加えて、中国株が下げ止まらず、資源価格急落から世界景気への懸念が拡大。連鎖株安の流れになっている。写真は東証。

八牧浩行
2015年7月9日 10時16分
続きを読む

ギリシャ公使「ギリシャは青空の国」と中国人に投資移民をアピール=中国ネット「国は借金まみれだが…」「経済が立ち直ったら追い出すだろ?」

7日、京華時報は、中国にあるギリシャ大使館の公使が中国人にギリシャへの不動産投資を呼び掛けたと伝えた。この報道に中国のネットユーザーが反応を示している。写真はギリシャ。

Record China
2015年7月9日 8時45分
続きを読む

ランキング