Record China

ヘッドライン:

列車の中で日本人の悪口を言い続けたおじいちゃん、となりの大学生に「あんたどこの出身だい?」=返ってきた答えは…―中国ネット

配信日時:2015年6月27日(土) 7時40分
拡大
25日、中国のインターネット掲示板で、「日本人が中国人を嫌いな理由」をテーマにさまざまな意見が飛び交う中、あるネットユーザーは自分の子どものころの体験を記している。写真は中国の汽車。
(1/2枚)

2015年6月25日、中国のインターネット掲示板で、「日本人が中国人を嫌いな理由」をテーマにさまざまな意見が飛び交う中、あるネットユーザーは自分の子どものころの体験を記している。以下はその内容。

その他の写真

小学生のころ、夏休みにおじいちゃんと一緒に列車に乗って故郷に帰った。その時、寝台車の半個室には僕らのほかにおばさんが1人と大学生が1人いた。夜になって、おじいちゃんとおばさんがおしゃべりを始めた。おじいちゃんは東北人で、子どものころの話になると必ず日本人をののしる。

「小日本鬼子ってやつは、本当に悪い。街にあった日本の警察署には夜になると誰も近寄らなかった。やつらは気に入らないとすぐにおれたちを捕まえて、イヌのえさにしちまうんだから。この恨みは忘れられないな…」。

2人は一晩中、日本人をののしり続けた。大学生は何も言わずに横になって本を読んでいた。僕はその本をじっと見て、おかしなことに気付いた。縦書きなのだ。

翌朝、列車が駅に到着すると、あの大学生はベッドに上り、僕たちの荷物を降ろしてくれた。おじいちゃんはうれしくなって、「ありがとう、兄ちゃん。君はどこの出身だい?」と聞いた。彼は笑顔で「あ、日本人です」と言った。

中国人は思慮が足りないことが多く、状況をわきまえずに発言する。同じような事がきっと中国のあちこちで起きているだろう。こうしたことで気分を害する日本人もいるのではないだろうか。(翻訳・編集/北田

関連記事

反日だった祖母が…日本旅行で変わった!

日中関係が冷え込む中、両国国民の相手国に対する感情も芳しいとは言えない状況が続いている。北京大学の馬源営さんは、一緒に日本旅行に行ったお婆さんの心の変化について、次のようにつづっている。写真はディズニーランド。

日本僑報社
2015年4月13日 6時20分
続きを読む

おじいさんの言いつけ「日本人を憎んではいけない、自分の目でしっかり物事を見なさい」

国税庁はこのほど、日本国内で国産の米や水を原料に製造された清酒だけを「日本酒」と呼べるようにすることを提案した。そうしたなか、長春理工大学の李爽さんは、日本酒をめぐる中国人と日本人の交流について、作文に次のようにつづっている。写真は日本酒。

日本僑報社
2015年11月3日 12時55分
続きを読む

深くお辞儀をして出ていった日本兵、後から届いたガソリン=「戦争って何だったの?」―中国人学生

「一衣帯水の国」と言われる日本と中国は、似ているようで異なる部分も大きい。今日まで緊張が続く日中関係について、北京語言大学の王健蕾さんは違いを受け入れつつ、近いことの「縁」を大事にすべきだと訴えている。写真は中国人民抗日戦争記念館。

日本僑報社
2015年6月23日 17時3分
続きを読む

ランキング