感染拡大が止まらぬMERS、対策には総動員体制が必要だ―韓国紙

配信日時:2015年6月7日(日) 13時16分
感染拡大が止まらぬMERS、対策には総動員体制が必要だ―韓国紙
画像ID  470871
6日、環球時報は記事「MERS流行、最悪の事態に備えるべきだと韓国メディア」を掲載した。韓国紙・中央日報は軍や警察などすべてのリソースを投入する総動員体制が必要だと論じている。写真はソウルの夕焼け。
2015年6月6日、環球時報は記事「MERS流行、最悪の事態に備えるべきだと韓国メディア」を掲載した。

その他の写真

韓国の中東呼吸器症候群(MERS)流行が止まらない。感染者数が増える中、挙国一致での感染抑え込みが必要だが、足並みの乱れが見える。4日にはソウル市長が「隔離の必要がある医師が1500人が参加する大型イベントに参加していた」と告発。この情報を隠していた保健福祉部は翌日になって初めて事態を認めた。

韓国紙・中央日報は「政府は最悪の事態に備えるべきだ」と提言した。警戒レベルを現在の「注意」から「警戒」または「厳重」に引き上げ、軍や警察、地方政府などすべてのリソースを投入する総動員体制を構築しない限りMERSは止められないと論じている。(翻訳・編集/増田聡太郎
最新ニュースはこちら

SNS話題記事