Record China

ヘッドライン:

フェイ・ウォンら人気スターの子供たち、私立の「貴族学校」で驚きの学費―中国

配信日時:2015年5月10日(日) 19時20分
拡大
1/2枚
2015年5月9日、女性歌手のフェイ・ウォン(王菲)やタレントのリー・シャン(李湘)など、人気スターの子供たちが通う学校は驚くべき高額の学費となっている。新浪が伝えた。

その他の写真

幼稚園および小学校から高校までの一貫教育を行い、「貴族学校」とも呼ばれる中国の私立学校。人気スターの子供たちの多くが、安全面も考慮してこうした学校で学んでいる。

女性歌手フェイ・ウォンの娘で、18歳になる竇靖童(ドウ・ジントン)が在学していたのが、上海市にある英国式スタイルをウリにした徳威英国国際学校。中国籍だけでなく華僑や香港、台湾からの学生を受け入れ、学費は最低でも年間2万1400ドル(約260万円)となる。

中国の女優ファン・ビンビン(范冰冰)の弟、俳優ホアン・レイ(黄磊)の娘たちが通うのは、北京市にある私立学校の匯佳学校。全寮制のこちらの学費は最低でも年間13万元(約250万円)となり、入学試験は英語で行われている。

タレントのリー・シャンの娘で、子役としても活躍しているアンジェラ(王詩齢)ちゃん、フェイ・ウォンの次女、中国最大の民営エンタメグループ・華誼兄弟メディアの王中磊(ワン・ジョンレイ)CEOの息子たちが通うのは、徳威英国国際学校の北京校。現在、同校には約1450名の生徒がいる。

王中磊氏の息子は現在9歳で、小学4年生。この場合、1年間の学費は18万6500元(約360万円)に。いずれも公立学校に通う子供たちとはケタ違いの教育費となっている。(翻訳・編集/Mathilda

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング