モンゴルで登山中の中国人、取り囲まれ土下座強要される=急増する中国人客への不満が背景―仏メディア

配信日時:2015年4月7日(火) 4時33分
モンゴルで登山中の中国人、取り囲まれ土下座強要される=急増する中国人客への不満が背景―仏メディア
画像ID  461874
6日、モンゴルの首都ウランバートル北東にあるヘンティー山脈で3月末、登山していた中国人旅行者5人がモンゴル人に取り囲まれ、土下座を強要された。写真はウランバートル。
2015年4月6日、仏国際放送ラジオ・フランス・アンテルナショナル(中国語電子版)によると、モンゴルの首都ウランバートル北東にあるヘンティー山脈で3月末、登山していた中国人旅行者5人がモンゴル人に取り囲まれ、土下座を強要された。その様子を映した写真がインターネット上に出回った。中国国内で反発が強まり、ウランバートル市長が謝罪する事態に発展した。

その他の写真

新華社通信によると、土下座事件が起きたのはチンギス・ハーンが生まれたと伝えられるヘンティー山脈。中国内モンゴル自治区から訪れた旅行者グループ5人が登山していたところ、うち一人が突然モンゴル人に「中国人がいる」と指さされ、7〜8人の男たちに取り囲まれ、雪の上に押し倒され、土下座させられたという。一緒にいた仲間が仲裁に入り、事態は収まったという。モンゴル人らは貧困層や失業者からなる組織のメンバーを名乗っていた。

その後、土下座する様子を映した写真がインターネット上に拡大。中国人の間から批判が噴出し、ウランバートル市長が謝罪する事態に発展した。専門家によると、モンゴルでは最近中国からの留学、投資、旅行目的などでの訪問者が急増。「地元の文化を尊重しない」、「就業機会が失われる」と不満が高まっているという。(翻訳・編集/大宮)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事