Record China

ヘッドライン:

世界軍事力ランキング、上位はやっぱりこの3カ国=日本と韓国もトップ10入り―露メディア

配信日時:2015年3月25日(水) 7時56分
拡大
1/2枚
2015年3月21日、ロシアメディア・ブズグリャドによると、軍事関連サイト「グローバル・ファイヤーパワー」が発表した軍事力ランキングで、米国、ロシア、中国が上位3位となった。23日付で環球網が伝えた。

その他の写真

この軍事力ランキングは世界106の国・地域を対象に、経済的要素や地理的条件、陸海空軍の通常兵器能力など、核兵器を除いた50種以上の要素を考慮して算出したもの。1位は米国で、以下ロシア、中国、インド、英国、フランス、ドイツ、トルコ、韓国、日本の順だった。

専門家は「米国の軍事費は他の大国を大幅に超えている」と指摘。米国の軍事費は6120億ドル(約73兆4400億円)で、軍備として戦車8300台、装甲車2万5700台、火炎砲1700門、ミサイル発射システム1300セットを保有している。

2位ロシアの軍事費は760億ドル(約9兆1200億円)だが、保有する軍備は戦車1万5500台、装甲車2万7000台、火炎砲4600門、ミサイル発射システム3800セットとなっており、動員可能兵士の潜在能力と共に米国を超えている。3位の中国は軍事費が1260億ドル(約15兆1200億円)で、軍艦の保有数が520艘で世界一となっている。

中国が軍事力ランキングで世界トップ3に入ったのは今回が初めてではない。米ビジネス・インサイダーが掲載した、核兵器、戦車、戦闘機、空母、潜水艇、動員可能人員数、軍事費の7項目の比較による軍事力ランキングでも、中国は米国、ロシアに次いで世界3位にランキングされている。

このランキングでは、戦車と核弾頭の数量を除く5項目で米国がロシアを超えている。中国は動員可能人員数が約7億5000万人で世界一となっており、戦車の保有数でも米国を上回っている。(翻訳・編集/秋田)

関連記事

尖閣パトロールだけでは不十分!日本に対抗できる武器を発展させるべきとの主張に「今のうちに日本を懲らしめないと…」―中国ネット

13日、環球網が、中国は釣魚島周辺をパトロールするだけでは不十分で、日本に対抗できる武器をさらに発展させるべきと主張する記事を掲載した。これに対して中国のネットユーザーからは賛同するコメントが多く寄せられた。資料写真。

Record China
2015年3月14日 12時40分
続きを読む

日本の新型ステルス戦闘機開発に、「日本の技術、恐ろしい」「韓国はまずは複葉機から」―韓国ネット

21日、日本が新型の第5世代ステルス戦闘機「F−3」の開発を進めているとの報道に、韓国のネットユーザーは「日本の技術、恐ろしい」「韓国はまずは複葉機の開発から」などと反応している。写真は自衛隊の観閲式。陸上自衛隊HPより。

Record China
2015年3月22日 7時21分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング