Record China

ヘッドライン:

中国国営テレビが「黒子のバスケ」をパクったのではないかと中国ネットで話題に=「パクリは許せるが、なぜ顔を…」「どうせパクるなら…」

配信日時:2015年2月23日(月) 16時36分
拡大
21日、中国版ツイッター・微博で、中国国営テレビが放送しているアニメ風のNBA新年宣伝映像が、日本のアニメ「黒子のバスケ」の映像をパクったのではないかとの投稿があった。これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。
(1/2枚)

2015年2月21日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で、中国中央テレビ(CCTV)が放送しているアニメ風のNBA新年宣伝映像が、日本の人気アニメ「黒子のバスケ」の映像をパクったのではないかとの投稿があった。

その他の写真

投稿者は、比較動画のリンクを掲載し、「パクリの形跡がいたるところで見られる」と伝えている。この動画によれば、人物は黒子のバスケとは異なるものの、動きが黒子のバスケとほとんど同じに見える。

これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「パクるにしても、なんでこんな醜い顔にしちゃったんだよ」

「パクリは許せるが、なぜ顔の方はパクらなかったのだ!」

「次にパクる時は顔をもう少し良く描いてください」

「(日本アニメを)禁じておきながら、自分たちはパクるのかよ!」

「日本アニメを禁止したのはパクるのに都合がいいからだったのか」

「(日本アニメを)禁止したのは、パクっても見つからないようにするためだな?」

「中国で著作権を問題にするのは笑い話ということです」

「これは品のないやり方だな。日本アニメは良くないと言いながらパクるだなんて」

「中央テレビがこんなことをするようでは、中国アニメの原作者たちのやる気がなくなるよ」

「これは確かに全く同じだ。パクるなんて最低だな」

「どうせパクるならスラムダンクにしておけよ」

「まあ黒子のバスケなんて中二病だからな。スラムダンクとは比較にならない」(翻訳・編集/山中)

関連記事

「アンジャッシュ」は中国年越し番組のお気に入り!?2度目のパクリ騒動に中国ネットは「日本は中国の“コント”をパクった!」の声

18日、今年の旧正月の大みそかである同日、中国では毎年恒例の年越し番組「春節聯歓晩会」が放送された。同番組で放送されたコントにパクリ疑惑の声が上がり、中国ネットで数多くのコメントが寄せられた。

Record China
2015年2月21日 10時9分
続きを読む

「アンジャッシュ」は中国年越し番組のお気に入り!?2度目のパクリ騒動に中国ネットは「日本は中国の“コント”をパクった!」の声

18日、今年の旧正月の大みそかである同日、中国では毎年恒例の年越し番組「春節聯歓晩会」が放送された。同番組で放送されたコントにパクリ疑惑の声が上がり、中国ネットで数多くのコメントが寄せられた。

Record China
2015年2月21日 10時9分
続きを読む

ランキング