中国人観光客「韓国の免税店が偽ブランド品販売」と主張し賠償求める=免税店側は拒否―中国メディア

配信日時:2014年11月19日(水) 3時51分
中国人観光客「韓国の免税店が偽ブランド品販売」と主張し賠償求める=免税店側は拒否―中国メディア
画像ID  443714
18日、中国広播網は、韓国の免税店で購入した有名ブランドの腕時計が偽物だったとして賠償を求めた中国人観光客に対し、免税店が拒否していると報じた。写真は済州島の免税店で買い物する中国人観光客。
2014年11月18日、中国広播網は、韓国の免税店で購入した有名ブランドの腕時計が偽物だったとして賠償を求めた中国人観光客に対し、免税店が拒否していると報じた。

その他の写真

中国人の池(チー)さんによると、韓国済州島のロッテ免税店で購入したフランス・ELLEの腕時計が故障が相次いだため修理に出したところ、偽物だと告げられた。

免税店側は、腕時計が不良品であることを認めた上で、ELLEの許可を得て合法的に韓国国内で生産したものであり、偽物には当たらないとし、返品に応じると回答した。

池さんは、300ドル(約3万5000円)と高価であることや、韓国国内で生産した製品にフランスのブランド名を冠することは、消費者に対する詐欺行為に当たるとして賠償を求めた。だが免税店側は、返品には応じるが賠償はできないとの姿勢を崩していないという。

池さんは「ロッテ免税店が販売している二・三流ブランドの多くが韓国生産のOEMだ。韓国製の偽物と言える」と話している。(翻訳・編集/NY)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事