関係改善に向けて日中が4つの合意を発表、首脳会談実現に大きく前進―米メディア

配信日時:2014年11月8日(土) 14時1分
関係改善に向けて日中が4つの合意を発表、首脳会談実現に大きく前進―米メディア
画像ID  442456
7日、米ラジオ局ボイス・オブ・アメリカ中国語版サイトは記事「APEC前に日中関係解凍、戦略的互恵関係の発展を確認」を掲載した。今回の合意で、10日、11日のアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議期間中の日中首脳会談実現は大きく前進した。
2014年11月7日、米ラジオ局ボイス・オブ・アメリカ中国語版サイトは記事「APEC前に日中関係解凍、戦略的互恵関係の発展を確認」を掲載した。

その他の写真

中国の楊潔●(ヤン・ジエチー、●は竹かんむりに褫のつくり)国務委員は7日、北京の釣魚台賓館で、日本国家安全保障局の谷内正太郎局長と会談した。日中関係改善に向けて以下4点で合意し、日本外務省、中国外交部が公式に発表している。

1.双方は、日中間の四つの基本文書の諸原則と精神を順守し、日中の戦略的互恵関係を引き続き発展させていくことを確認した。

2.双方は、歴史を直視し、未来に向かうという精神に従い、両国関係に影響する政治的困難を克服することで若干の認識の一致をみた。

3.双方は、尖閣諸島等東シナ海の海域において近年緊張状態が生じていることについて異なる見解を有していると認識し、対話と協議を通じて、情勢の悪化を防ぐとともに、危機管理メカニズムを構築し、不測の事態の発生を回避することで意見の一致をみた。

4.双方は、様々な多国間・二国間のチャンネルを活用して、政治・外交・安保対話を徐々に再開し、政治的相互信頼関係の構築に努めることにつき意見の一致をみた。

注目は「尖閣諸島等東シナ海の海域において近年緊張状態が生じていることについて異なる見解を有していると認識」との文言。日本側は領有権の主張で譲歩はしないが、中国の主張が存在することは認めるという玉虫色の表現で解決を図った。

今回の合意で、10日、11日のアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議期間中の日中首脳会談実現は大きく前進した。(翻訳・編集/KT)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事