韓国の1人当たりの即席めん消費は世界一、毎週2食以上で肥満・心臓病・糖尿病のリスク増―韓国メディア

配信日時:2014年9月12日(金) 20時38分
韓国の1人当たりの即席めん消費は世界一、毎週2食以上で肥満・心臓病・糖尿病のリスク増―韓国メディア
画像ID  435738
11日、韓国・亜州経済は、2013年、韓国の1人当たりのインスタントラーメン消費量が世界一だと報じた。写真は韓国のインスタントラーメン。
2014年9月11日、韓国・亜州経済は、2013年、韓国の1人当たりのインスタントラーメン消費量が世界一だと報じた。中国新聞網が伝えた。

その他の写真

世界ラーメン協会(WINA)が発表したデータによれば、2013年、韓国では1人当たり74.1食のインスタントラーメンと消費し、約5日間に1度インスタントラーメンを食べている。インドネシアとベトナムが韓国の後に続いた。

米ハーバード大学の研究チームが韓国人1万人に対して調査した結果、毎週2食以上インスタントラーメンを食べる女性は、高血圧や高血糖、高脂質、肥満になる確率が通常より68%も高くなると分かった。さらに、心臓疾患や糖尿病のリスクも増すという。このほか、同じ頻度でインスタントラーメンを食べたとしても女性は男性より発病率が高い。同研究チームは「インスタントラーメンを食べる頻度を減らし、調味料はできるだけ加えない方がいい」と指摘している。(翻訳・編集/内山
最新ニュースはこちら

SNS話題記事