中国から略奪した文化財が日本の国有財産に、宮内庁コメントに中国民間団体が怒り―中国メディア

配信日時:2014年8月28日(木) 13時7分
中国から略奪した文化財が日本の国有財産に、宮内庁コメントに中国民間団体が怒り―中国メディア
画像ID  433868
27日、中国新聞社は記事「略奪された文化財は“日本の国有財産”か?中国民間団体が声明を発表」を掲載した。中国民間対日賠償請求連合会は文化財返還こそ日中友好にとって有益な道だと主張している。写真は皇居。
2014年8月27日、中国新聞社は記事「略奪された文化財は“日本の国有財産”か?中国民間団体が声明を発表」を掲載した。

その他の写真

中国の民間団体「中国民間対日賠償請求連合会」は8月上旬、石碑「鴻臚井碑」を返還するよう、日本大使館に書簡を送った。「鴻臚井碑」は唐代に刻まれた巨大な石碑で、日露戦争後に日本に持ち去られた。現在は皇居庭園に保存されている。

宮内庁は日本メディアの取材に応え、「石碑は日本の国有財産で公開していない」、返還要求については「現時点ではコメントできない」と回答した。

中国民間対日賠償請求連合会は27日、声明を発表。宮内庁の回答は中国から略奪した文化財を日本の国有財産だと正当化しようとするもので絶対に許されるものではないと批判。歴史を反省し文化財を返還することこそ日中友好にとって有益であり正しい道だと主張した。(翻訳・編集/KT)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事