日本の桜は韓国から伝わった!?=中国人観光客が韓国で聞いた桜の生い立ち―中国ネット

配信日時:2014年4月15日(火) 20時24分
日本の桜は韓国から伝わった!?=中国人観光客が韓国で聞いた桜の生い立ち―中国ネット
画像ID  418162
15日、韓国を旅行した中国人韓国客が、桜について現地で聞いた情報をもとにブログをつづっている。写真は韓国の花見名所、鎮海。
2014年4月15日、韓国を旅行した中国人韓国客が、桜について現地で聞いた情報をもとにブログをつづっている。以下はその概要。

その他の写真

人々は日本を桜の国と称えるが、韓国の桜も美しいと勧められ、今春は韓国を訪れることにした。聞くところによると、日本の桜は韓国から伝わったものだという。日本に伝わる前、韓国の桜の数はそれほど多くはなかった。1918〜1948年、日本は韓国を占領し、大量の桜の木を植えたことで、韓国でも至る所で桜が見られるようになったという。

1948年に独立して以降、韓国人たちにとって桜は憎悪の対象で、植物界の侵入者・植民者と見ていた。しかし、韓国の学者が、日本の桜は韓国から伝わったものだと発表した。日本の桜が韓国から伝わったならば、日本人が韓国で植えた桜は韓国の桜の子孫だということになり、拒絶する理由はなくなる。そこで、韓国人は桜に対する態度を改め、次第に受け入れて行くようになったのだという。

現在、韓国にもたくさんの桜の木が存在し、毎年、ソウルや釜山、済州島などで各種のイベントが行われる。人々は桜を愛で、歌や踊りをし、酒を飲み、伝統的なお菓子を食べてにぎやかに過ごす。韓国の桜は多くが薄ピンク色だ。陽の光のもとでは夢の中の雲のようで、青空とのコントラストは非常に美しい。(翻訳・編集/北田
最新ニュースはこちら

SNS話題記事