中国がフランス抜き世界一の赤ワイン消費国に、年18億本を飲み干す―中国

配信日時:2014年2月2日(日) 18時8分
中国がフランス抜き世界一の赤ワイン消費国に、年18億本を飲み干す―中国
画像ID  409121
30日、参考消息網は記事「中国が世界最大の赤ワイン消費国に、年間18億本を販売」を掲載した。2013年の消費量は中国(香港含む)が1億5500万ケース(1ケースあたり9リットル)。ボトル換算で18億6500万本を記録した。資料写真。
2014年1月30日、参考消息網は記事「中国が世界最大の赤ワイン消費国に、年間18億本を販売」を掲載した。

その他の写真

フランス国際ワイン・スピリッツ見本市(VINEXPO)によると、中国はフランスを抜き世界最大の赤ワイン消費国となった。2013年の消費量は中国(香港含む)が1億5500万ケース(1ケースあたり9リットル)。ボトル換算で18億6500万本を記録した。2008年比136%増という急激な伸びを見せている。

2位はフランスの1億5000万ケース。以下、イタリア1億4000万ケース、米国1億3000万ケース、ドイツ1億1000万ケースと続く。中国では2005年から赤ワインブームが続き、年20%以上を超える驚異的なペースで市場が拡大してきた。2013年こそ2.2%減となったが、今後も成長が見込まれるという。中国国内でもワイン用ブドウの生産拡大、販売ネットワークの整備などワイン産業が定着しつつある。

ただし白ワインやスパークリングワインを含めたワイン全体でみると、中国の消費量は世界5位。赤ワインの消費だけが突出している現状が浮かび上がる。(翻訳・編集/KT)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事