日本の輸出規制が拡大したらサムスンのEUVが大打撃か―韓国メディア

配信日時:2019年7月14日(日) 18時50分
日本の輸出規制が拡大したらサムスンのEUVが大打撃か―韓国メディア
画像ID  1108648
12日、中国メディアの「52RD.com」は、韓国メディアの報道を引用し、日本の輸出規制が拡大したらサムスン電子の極端紫外線(EUV)が大打撃を受けると伝えた。資料写真。
2019年7月12日、中国メディアの「52RD.com」は、韓国メディアの報道を引用し、日本の輸出規制が拡大したらサムスン電子の極端紫外線(EUV)が大打撃を受けると伝えた。

記事は、聯合ニュースの報道を引用。「日本が輸出規制品に加える可能性のある品目には、集積回路(IC)、電源管理IC(PMIC)、フォトリソグラフィ設備、イオン注入装置、ウエハー、マスクブランクスなどが含まれる」と紹介。「これらが輸出規制されると、個別に許可を取る必要があり、90日前後の審査時間がかかる」と伝えた。

記事は「注目に値する点としては、EUV工程ではフォトレジスト以外に代替品がないだけでなく、日本企業はウエハー、マスクブランクス市場の占有率も非常に高いこと」と指摘。業界関係者は、「サムスンの主力であるEUV工程は、非常に細かな新技術で、韓国が生産するマスクブランクスでは日本製の代わりとすることができない」と話しているという。

NH投資証券の研究員によると、EUV工程に使用するマスクブランクスは現在、日本のHOYAがほぼ独占しており、韓国企業のS-Techも生産してはいるものの、「技術力に欠ける」としている。

記事は「フォトレジストについていうと、その工程は複雑だが、核心部分には技術面で進んでいる日本製品が使用されている」と指摘。EUV用のフォトレジストは、JSR、信越化学工業などの日本企業が提供しており、韓国のDongjin Semichemなどの企業は関連製品を開発中だと伝えた。

さらに、「現在のところ、EUV工程の原料では、フォトレジストが輸出制限を受けているが、EUV工程はまだ量産段階に入っていない」と指摘。「これはつまり、原料供給が中断しても、短期的には生産ラインに影響を及ぼすことはないことを意味しているが、問題は華城の生産ラインは来年1月から量産に入る予定であることだ」と伝えた。

業界関係者は、サムスンの核心産業の1つが半導体であり、EUVはこの分野でリードする技術であるため、日韓関係が悪化し続けると、韓国の半導体の将来は暗いと考えているという。

記事は、「台湾セミコンダクターやインテルなどのライバル企業も積極的にEUV分野に参入しており、状況が悪化するなら、サムスンは業界トップの地位から転げ落ちてしまうのではないかとの懸念の声が出ている」と伝えた。(翻訳・編集/山中)
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 6

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • hir***** | (2019/07/15 13:10)

    友好国としての優遇措置を撤回するだけの話。 露骨に敵視しているのに何故、友好国扱いを受けられると思っているのか。 サムスンを追い込んだとしたら日本ではなく韓国の国民であり韓国政府。 完全な八つ当たりでしかない。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2019/07/15 08:57)

    韓国を笑うことは簡単だが、日本だって似たようなものである。石油は100%輸入に頼っているし、食糧自給率はカロリーベースで40%しかない。どちらも1ヵ国に頼っているわけではないため韓国のようにはならないだろうが、燃料と食料という生活の基本物資を外国に依然している点では同じでる。特に石油が輸入できなくなれば、自動車だけでなく耕運機や漁船も動かなくなり、食糧自給率はさらに下がるはずだ。たとえ90日後に輸入が元に戻ったとしても、日本人は骨と皮ばかりになっているだろう。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 日本が***** | (2019/07/15 01:01)

    何だよそりゃ、新技術とか言いながら、自前じゃどうすることも出来ないじゃねえか。だっせえ!(笑)。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事