中国製の「アイスランドセーター」がアイスランドで物議―中国メディア

配信日時:2019年6月14日(金) 8時10分
中国製の「アイスランドセーター」がアイスランドで物議―中国メディア
画像ID  1099066
11日、環球時報は、アイスランド特産のセーター・ロパペイサの「中国製」製品がアイスランドで出回るようになり、物議を醸していると報じた。写真はセーター。
2019年6月11日、環球時報は、アイスランド特産のセーター・ロパペイサの「中国製」製品がアイスランドで出回るようになり、物議を醸していると報じた。

記事は、「メイド・イン・チャイナ」と書かれたロパペイサが近ごろアイスランドで販売され、価格の安さからあっというまに現地市場シェアの3分の2を占めるようになり、古くからのロパペイサ業界関係者からは憂慮の声が出ているとした。

AP通信の9日付報道によると、本場のロパペイサは1着200米ドル(約2万1700円)する一方、現地の業者が中国へアウトソーシングして製造したロパペイサは1着170ドル(約1万8500円)と15%ほど安いという。

「中国製」のロパペイサがアイスランドに入った理由について、現地のセーター販売業者は「アイスランドには紡績工が少なく、賃金が高い。中国の紡績工なら3分の1から5分の1程度の賃金で済む」との見方を示している。

記事は、中国製ロパペイサの大量流入に危機感を覚えた現地の織物組合が、政府に対して「アイスランドの原料を用いてアイスランドで製造」したものだけにロパペイサのブランドロゴ使用を認めるよう求めたと伝えた。

一方で、実際に中国からロパペイサを輸入している業者からは「例えばポーランド系住民がアイスランドで製造したものはロパペイサと呼べるのか。境界の線引きがあいまいだ。中国から輸入せずに現地生産すれば大量の職人が必要になるが、ここにそんなたくさんの職人はいない」と不満の声が出ており、ロパペイサの定義をめぐる議論が巻き起こっているとした。(翻訳・編集/川尻
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • はやぶ***** | (2019/06/14 08:43)

    これは別に悪い事ではないと思う、パクりの偽ブランド品ではなく正規のアウトソーシングだからである、例えばiRobotのRoombaでもアメリカ国内で販売されている物以外はmadeインChinaが多いし、日本のメーカーのエアコンも廉価モデルは中国製が多いが機能や品質には別段問題が無いからである、まあ中国の事だからこうやってアウトソーシングで得たデータを元にパクり品を造り出すのかも知れないが…
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事