「完食キャンペーン」の呼びかけ、ネットで大反響―中国

配信日時:2013年1月26日(土) 17時46分
「完食キャンペーン」の呼びかけ、ネットで大反響―中国
画像ID  368006
25日、中国ではネットユーザーが呼びかけた「完食キャンペーン」が大反響を呼び、きれいに食べつくした自分のお皿の写真を公開することが新しい流行となっている。写真は完食キャンペーンを展開している江蘇省のレストラン。
2013年1月25日、皆さんは食事の時、皿の上の料理を残さず食べているだろうか?ネットユーザーが呼びかけた「完食キャンペーン」がネット上で大反響を呼び、きれいに食べつくした自分のお皿の写真を公開することが、ネットユーザーの間で新しい流行となっている。人民日報が伝えた。

その他の写真

一部のネットユーザーが1月中旬、「食べ物を大切にし、食べ残さないよう心掛けよう」と中国版ツイッター「微博(ミニブログ)」で呼びかけた。その後、「微博」で無駄な食べ残しをやめる「完食キャンペーン」が誕生した。運動の具体的内容は、まずは自分からスタート、きれいに食べつくした自分のお皿の写真をネット上に公開し、「食べ物を無駄にしない」を仲間との合言葉とし、「節約の達人」を目指して競い合い、「舌の上の贅沢」をきっぱり拒絶する、というものだ。

「完食キャンペーン」は提唱者が「微博」に投稿したことに端を発し、速やかにネットユーザーの間から反響が巻き起こった。人民日報の微博は22日、この「完食キャンペーン」への参加を宣言、ネットユーザーに「食べ物の無駄使いをなくし、大事にしよう。今日から食事を残さず、余った料理を持ち帰る習慣もストップしよう。まず自分から始めよう」と呼びかけた。さらに、新華網や光明網などのネットメディアや有名人も関心を寄せ、転載したことで、「完食キャンペーン」は一気に盛り上がった。

「完食キャンペーン」は現在までに「微博」で約5000万回転送された。活動者は北京で宣伝ビラ6万枚を配り、飲食店に計5000枚のポスターを掲示した。北京以外にも、フフホトなどの都市が活動に参加している。ボランティアスタッフは「宣伝ビラやポスターをもっと送って欲しい」と希望するホテルや飲食店からの電話への対応に追われている。(提供/人民網日本語版・翻訳/KM・編集/TF)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事