年越しコントで丸パクリ!ご本家・アンジャッシュが「おもしろすぎ」と大注目―中国メディア

配信日時:2012年1月30日(月) 19時42分
年越しコントで丸パクリ!ご本家・アンジャッシュが「おもしろすぎ」と大注目―中国メディア
画像ID  312887
30日、中国の国営テレビ局が放送する旧正月の年越し番組で、日本の人気お笑いコンビ・アンジャッシュのコントがほぼ丸パクリされたと指摘された問題で、当のアンジャッシュがコメントを出したことを中国のメディアも伝えた。写真は問題のコント「スーパーの面接」。
2012年1月30日、中国の国営テレビ局が放送する旧正月の年越し番組で、日本の人気お笑いコンビ・アンジャッシュのコントがほぼ丸パクリされたと指摘された問題で、当のアンジャッシュがコメントを出したことを中国のメディアも伝えた。環球時報が伝えた。

その他の写真

問題になっているのは、中国の国民的年越し番組「春節聯歓晩会」で人気コメディアン・郭冬臨(グォ・ドンリン)率いる4人が披露したコント「スーパーの面接(原題:超市面試)」。アンジャッシュの「バイトの面接」同様、万引き犯を捕まえたばかりのスーパーにアルバイトの面接にやって来た若者と、彼を万引き犯だと思い込む店長との勘違いなやり取りが延々と続く。

ただし、「スーパーの面接」の方は最後に店長が勝手に勘違いしていたことが露呈し、謝る結末に。さらに、若者と一緒に田舎から出てきていた仲間がすべて採用されることになるという“中国オリジナルの展開”も一部、含んでいた。

しかし、本家の「バイトの面接」はかなり以前から動画サイトを通じて中国からも視聴可能だったため、放映後すぐに、インターネット上ではこの「ほぼ完全なパクリ」が指摘され、大きな話題となる。その後、日本のメディアでもこれが大きく取りざたされたことは、中国にも伝えられた。

そして、このほどアンジャッシュ本人がコメントを発表。「残念なことですが、僕らのコントが中国で少しは通用するのかなと思いました。これを機に中国進出したいです」と切り返したことについて、“中国版ツイッター”と呼ばれる簡易投稿サイトには以下のような投稿が並んだ。

「あーあ、日本のヤフーでトップニュースになっちゃったね」
「道理であのコントが(番組中で)イチバンおもしろいと思ったんだ」
「パクリであろうとなかろうと、アンジャッシュ版の方がおもしろいよ。あのオチがね…絶妙だもん」
「中国来て〜」
「中国でもDVD発売して〜」

また、アンジャッシュの別のコント動画を紹介して「これも笑える!」とした投稿も目立った。多くの人がこれを機会にアンジャッシュを知り、過去動画をあさるように見て「やばい、笑えすぎ!」「これを機会にアンジャッシュ好きになっちゃったよ〜」とつぶやいていた。(翻訳・編集/愛玉)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事