6時間で222回!30代女が警察に執拗ないたずら電話、その動機とは?―新疆ウイグル自治区

配信日時:2016年1月13日(水) 8時50分
6時間で222回!30代女が警察に執拗ないたずら電話、その動機とは?―新疆ウイグル自治区
画像ID  497228
12日、用もないのに110番通報を繰り返した疑いが持たれている中国新疆ウイグル自治区在住の女に行政拘留処分が下されたことが分かった。資料写真。
2016年1月12日、中国新聞網によると、用もないのに110番通報を繰り返した疑いが持たれている中国新疆ウイグル自治区在住の女に行政拘留処分が下された。

30代のこの女は昨年11月、居住する市の110番指揮センターや公安局にいたずら電話をかけたとされており、その回数は6時間で計222回に上った。電話口で救助を求めることはなく、電話に出た相手に泣き言を訴えたり、暴言を吐いたりした。このような行為に及んだ理由については「失恋したばかりで気分が沈んでいた時に通報することを思い付いた。電話の担当者に『通報は重要な用事がある時に』と説得されて腹が立った」と説明している。

当局は「治安管理処罰法」に違反するとして、女に7日間の行政拘留処分を言い渡しており、110番通報サービスセンターが受理する主な案件として刑事事件や治安に関わる事件、人身や財産の安全を脅かす事件などを挙げている。(翻訳・編集/野谷
最新ニュースはこちら

SNS話題記事