故宮博物院、猫を起用してマナーを呼びかけ―北京市

配信日時:2015年11月14日(土) 21時5分
故宮博物院、猫を起用してマナーを呼びかけ―北京市
画像ID  492712
10日、北京の人気観光スポット・故宮博物院は中国版ツイッターで、寿康宮に住み着いている猫・壮壮を「起用」して、マナーを守り、列の割り込みやごみのポイ捨て、木登りなどをしないよう呼びかけている。
2015年11月10日、北京の人気観光スポット・故宮博物院は最近、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)の公式アカウントで、寿康宮に住み着いている猫・壮壮を「起用」して、マナーを守り、列の割り込みやごみのポイ捨て、木登りなどをしないよう呼びかけている。国際在線が伝えた。

その他の写真

キャッチコピーには以下のようなものがある。

「今日は天気がいいニャー。もうちょっとしたら故宮をうろうろしてみよう」

「自撮り棒は室外で使うのが一番。45度ぐらい上の角度が一番いいらしい。自分撮りだニャー」

「座る椅子があるっていいニャー。靴で上を踏んではいけないニャー」

「見学する人の列は、僕の影より長い…でも絶対に割り込んだらだめニャー」

「紙くずさん、怒らないからこっちへおいで!」「やっぱり自分でごみ箱へ行くよ…」

「ヘルプ!木に登ったら危険。絶対にマネをしたらだめニャー」

「人がたくさん。みんな押しあわないで。僕を踏んだらだめニャー」

「数百歳の麒麟おじいさん。みんな大切にね!」

「今日はこれで終わり。お疲れ様。また来てね。僕も戻って魚を食べるニャー」(提供/人民網日本語版・編集/武藤)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事