日本車への当てつけか、車体に「中日友誼」のいたずら書き―河南省鄭州市

配信日時:2015年11月5日(木) 12時59分
日本車への当てつけか、車体に「中日友誼」のいたずら書き―河南省鄭州市
画像ID  491932
5日、映象網によると、河南省鄭州市で、男が鍵を使って日本車に文字を刻むという事件があった。資料写真。
2015年11月5日、映象網によると、河南省鄭州市で、男が鍵を使って日本車に文字を刻むという事件があった。

その他の写真

事件があったのは3日午後1時ごろ。目撃した王(ワン)さんによると、40歳くらいの男が路上に止めてあった日産車に近づいた。「初めは車の所有者かと思っていたが、様子がおかしかった。車に寄りかかるようにしていて、右手が見えなかった。それに、辺りをキョロキョロ見回していた」と話す。不審に思った王さんは、携帯電話でその男の写真を撮影した。

ほどなくして男は自転車に乗って逃走。その際、手に鍵を持っているのを確認したという。王さんが車に近づいて確認すると、ドアには「中日友誼(友好)」の4文字が刻まれていた。近くの店の人の話では、この付近では日本車を狙って引っかき傷を付ける事件が相次いでいた。警察は現在、王さんが撮影した写真をもとに捜査を進めている。

この報道に、中国のネットユーザーからは、「人間のクズだな」「愛国の名を語るゴミ」「愚か者には重罰を」といった批判の声が数多く寄せられている。(翻訳・編集/北田
最新ニュースはこちら

SNS話題記事