中国、東南アジアでの鉄道建設を大きく推進、最大のライバルは日本―中国紙

配信日時:2015年9月24日(木) 15時47分
中国、東南アジアでの鉄道建設を大きく推進、最大のライバルは日本―中国紙
画像ID  486589
22日、中国が東南アジアでの鉄道建設を進めているが、日本が最大のライバルとなっている。写真は中国の高速鉄道。
2015年9月22日、中国・タイ鉄道の建設がこのほど、度重なる混乱を経てついに確かな回答を得ることに成功した。タイのタナサック・パティマプラゴーン副首相は20日、中国・ASEAN博覧会にタイ首相特使として出席した際、タイ・中国双方は現在、緊密な協力を保ち、鉄道プロジェクトの早期の実現を確保しており、工事は年内にも始められる見込みだと語った。北京青年報が伝えた。

その他の写真

タナサック副首相によると、タイと中国によるタイの鉄道インフラの協力建設は、双方にとってだけでなく地域にとっても極めて重要なことと言える。この鉄道は将来、タイと中国との人的往来や物資輸送の重要な通路となる。タイと中国の双方は現在、緊密な協力を保ち、鉄道プロジェクトの早期の実施を確保しており、工事は年内に開始される見込みだ。

結果は喜ぶべきものとなったが、この協力の実現には、10年近い困難な道のりを経なければならなかった。中国・タイ両国による鉄道事業での協力構想は2006年にはすでに始動していたが、その道のりは難航し、このほどやっと結果を出すこととなった。この事態が生み出された原因の一つは、ここ10年間にタイ政界が経験した激震である。この10年で首相を務めた人物は10人に上る。

中国・タイ鉄道と連結する中国・ラオス鉄道も5年の交渉を経て同時に決着した。ラオスのソムサワート・レンサワット副首相も中国・ASEAN博覧会参加の際、ラオスは「1ベルト、1ロード」(シルクロード経済ベルト、21世紀海上シルクロード)という中国の呼びかけを歓迎していると語った。中国・ラオス鉄道プロジェクトの最後の難題であった資金問題は解決し、ラオス側はすでに中国側にラオスが「資源を資金に換える」能力を持っていることを証明している。ソムサワート副首相はこのプロジェクトがラオス人民民主共和国の建国40周年の記念日となる今年12月2日までに起工することを望むと語った。

▽最大のライバルは日本

すでに決定している中国・タイ鉄道にしても、未決定の中国・ミャンマー鉄道やインドネシアのジャカルタ・バンドン鉄道にしても、中国は多くのライバルを持っている。日中間の競争は中でも最も激しいものである。

中国・タイ鉄道に対しては、昨年10月、つまり中国・タイ鉄道が正式な協議段階に入る前、日本の佐藤重和・駐タイ大使は、タイのヨンユット・ユタウォン副首相を訪問し、タイ鉄道の建設への日本の強い願望を伝えた。今年2月、プラユット首相は日本メディアと会見した際、最終目標は日本の新幹線を導入することだと語った。その後、安倍晋三首相は頻繁にプラユット首相と会い、日本とタイは5月、タイのバンコクとチェンマイを連結する高速鉄道に日本の新幹線を採用することで合意した。中国とタイは鉄道協力に関してバンコク・チェンマイ高速鉄道については触れておらず、日中間には実質的な競争は起こっていない。だが日本のこの時の頻繁な動きは、中国との競争か局面の撹乱とみなされている。

インドネシアのジャカルタ・バンドン鉄道プロジェクトでは、日中間の競争はさらに明らかで、白熱したものとなった。両国は大量の資金や時間を費やし、事前のフィージビリティースタディーを行った。中国側は全額低利融資や雇用の創出、部品の現地調達、技術移転、職員育成などの手厚い条件を提示した。日本側も負けてはおらず、「国家の威信を賭けた競争」として中国よりもさらに低い総価格を提示してみせた。

中国・ミャンマー鉄道に対しては、日本は中国と直接競争してはいないものの、昨年3月には、ミャンマーに78億円を無償援助して鉄道建設を助けるなどの措置を発表した。ミャンマーを訪問した岸田文雄外相は中国を牽制する意図を隠すことなく、「日本とASEANは共同の繁栄を達成するために航行と飛行の自由を確保する必要がある」と語っている。(提供/人民網日本語版・翻訳/MA・編集/藤井)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事