韓国陸軍特殊部隊で「防寒手袋」新品支給されず、先輩のお下がり使用=「もう国防は米国にお願い」「何か不正が絡んでる?」―韓国ネット

配信日時:2015年9月14日(月) 14時37分
韓国陸軍特殊部隊で「防寒手袋」新品支給されず、先輩のお下がり使用=「もう国防は米国にお願い」「何か不正が絡んでる?」―韓国ネット
画像ID  485384
13日、韓国・ニュース1によると、韓国陸軍特殊戦司令部将兵は、2013年から防寒手袋の新品支給が受けられず、前任者が使用していた中古品を使用している。この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。資料写真。
2015年9月13日、韓国・ニュース1によると、韓国陸軍特殊戦司令部将兵は、13年から防寒手袋の新品支給が受けられず、前任者が使用していた中古品を使用している。

その他の写真

韓国国会国防委員会所属の金寛鎮(キム・グァンジン)新政治民主連合議員が、陸軍と防衛事業庁から提出を受けた資料を基に明らかにした。

特殊戦司令部の防寒手袋はメーカーが規格に合わない製品を納品したことで、13年に契約が解除され、その後、まだ契約が行われていない状況だ。金議員は「現在、1万5000人余りの特殊戦司令部将兵のうち約40%は、前任者が使っていた中古品を使用している」と指摘した。さらに「大韓民国陸軍が手袋一つ支給できず、中古品を使っている状況が嘆かわしい」とし、「早急に新品を支給できる方策を用意しなければならない」と述べた。

この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。

「もう国防は米国にお願いしろ」

「特殊部隊の魂とともに手袋も代々受け継ぐ大韓民国特殊戦司令部…」

「近いうちに朴槿恵(パク・クネ)が手袋を持って慰問に行くだろう」

「何だ!この体たらくは。国防費使用の透明化が必要だ」
「青瓦台(大統領府)にいるやつらには防寒手袋なんて必要ないから、兵士が中古を使っていようが興味はないだろう」

「戦闘警察(ソウル特別市庁・広域市庁・道知事海洋警察庁に所属し、対スパイ作戦と警備任務などを実行する警察)に所属していたが、装備品がしっかりと支給されず、先輩のお古も足りなくて、捨てるような服でも着ていたぞ」

「私の手袋を貸してやる。使ってくれ」

「周辺国はステルス機だの空母だの保有しているというのに…。それにはるかに性能の高い銃、大砲、戦車などを保有しているというのに、韓国は、特殊部隊の手袋がお下がりか。話にならない」

「何か不正が絡んでないか?韓国で最も腐っているところが軍だ。ビスケットから戦闘機まで上前をはねないところはない」

「砲弾も中古じゃないだろうな」(翻訳・編集/三田)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事