「どうして日本人に指輪を売った!」上海の宝石店で父親大泣き、娘が日本人のプロポーズ受けてしまい=中国ネット「おじさん、愛に国境はないんだよ」

配信日時:2015年8月12日(水) 12時15分
「どうして日本人に指輪を売った!」上海の宝石店で父親大泣き、娘が日本人のプロポーズ受けてしまい=中国ネット「おじさん、愛に国境はないんだよ」
画像ID  480530
11日、中国網によると、上海の宝石店で娘の結婚をめぐって父親が大騒ぎするという騒動があった。
2015年8月11日、中国網によると、上海の宝石店で娘の結婚をめぐって父親が大騒ぎするという騒動があった。

その他の写真

報道によると、20代の日本人男性が中国人の交際相手にプロポーズをするために上海を訪れた。女性の両親は猛反対し、男性を困らせようと「婿養子になること」「5年以内は日本への帰国を認めないこと」などの条件を出したが、なんと男性はそれらをすべて承諾してしまった。両親の同意を得たと思った男性は、すぐに女性と上海の宝石店を訪れ、その場で結婚指輪を購入し、プロポーズした。

知らせを聞いた女性の両親は慌てて宝石店にやってきたものの、男性と娘の姿はなく、そこにはプロポーズに使用された花びらが床一面に散らばっていた。父親はその場で泣き崩れ、起こそうとした宝石店の店員を「どうして日本人に指輪を売ったんだ!」と怒鳴り付けた。近くにいた人が、「男性はカッコ良くて優しそうでしたよ」となだめると、「鬼子(※日本人の蔑称)にだまされるな!中国の男は絶滅したというのか!」と叫んだ。

母親はすぐに娘に電話をかけ、30分後、娘が2人を迎えに来た。娘いわく、2人は留学した時に知り合い、帰国する際に別れるつもりだったが、男性の真剣さに心打たれたのだという。この騒動はネット上でさまざまな議論を呼んでいる。以下は寄せられたコメントの一部。

「娘が幸せなら気にするなよ」
「そこまで騒ぐか。娘さんが望むならいいじゃないか」

「すべての日本人が悪いわけじゃない」
「日本人は良い人が多いよ。政府が腐ってるだけで」

「嫌なら最初から拒否すれば良かったんだよ」
「まず都市部に3軒の家と2台の高級車を用意することを条件にすべきだったね」

「冗談で婿養子にって言ったのに、本当に養わないといけなくなっちゃったね」
「おじさんの気持ちもわかるな。もし娘が日本に行ってしまったら、会える機会が少なくなってつらくなるだろう。なるべく親の近くにいてあげないと」

「愛が本物ならいいと思う」
「中国の女性を好きになったってことは、彼の見る目に間違いはないってことだ」

「こういうのはダメでしょ。娘が心から愛し合っていて、相手も中国に残るっていうんだから祝福してあげないと。もうプロポーズしちゃったんだしさ」
「おじさん、愛に国境はないんだよ。あなたが憎んでいるのは昔の日本人であって、あなたの娘さんを愛している普通の男性ではないんだ」(翻訳・編集/北田
最新ニュースはこちら

SNS話題記事