「在日韓国人は今月から強制送還」デマが拡散、入国管理局に問い合わせ相次ぐ=韓国ネット「国連に通報するべき」「日本人の劣等感は度を超している」

配信日時:2015年7月21日(火) 20時8分
「在日韓国人は今月から強制送還」デマが拡散、入国管理局に問い合わせ相次ぐ=韓国ネット「国連に通報するべき」「日本人の劣等感は度を超している」
画像ID  477462
21日、「在日韓国人は今月から強制送還される」といううその情報が日本のインターネット上を中心に出回り、日本法務省の入国管理局に問い合わせが相次いでいたことが分かった。これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。写真は渋谷。
2015年7月21日、韓国・ニューシスによると、「在日韓国人は今月から強制送還される」といううその情報が日本のインターネット上を中心に出回り、日本法務省の入国管理局に問い合わせが相次いでいたことが分かった。

その他の写真

日本メディアによると、日本のインターネット上には最近、「7月9日以降、在日韓国人は不法滞在者となり、強制送還される」「知り合いの朝鮮人を入国管理局に通報して報賞金を受け取ろう」などといううその情報が出回っていた。

これを受け、入国管理局は「重大な事態」として、ホームページにうわさを否定する文章を掲載した。

これについて、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せている。

「人種差別として国連に通報するべきだ。韓国外交部は早く対処しろ」

「日本人の韓国に対する劣等感は度を超している」

「日本人の嫌韓行動には本当にあきれる」

「韓国政府はどうして在日韓国人を放っておくの?」

「ひど過ぎる。日本政府はこんな悪質なデマを流す人を野放しにしているのか?」

「個人的に、日本にいる韓国人の数を減らすべきだと思う。そして韓国にいる外国人の数も減らしてほしい」

「在日韓国人の中には、韓国を捨てて自ら日本を選んだ人もいる。いまさら帰ってくるなんてあり得ない!」(翻訳・編集/堂本
最新ニュースはこちら

SNS話題記事