小学5年生の女児が妊娠、相手の同級生は驚いて泣き出す―台湾

配信日時:2015年7月18日(土) 11時5分
小学5年生の女児が妊娠、相手の同級生は驚いて泣き出す―台湾
画像ID  476893
16日、台湾メディアによると、台湾では男女の初体験の低年齢化が深刻になっており、過去には小学5年生が妊娠するケースもあった。写真は妊婦。
2015年7月16日、台湾メディアによると、台湾では男女の初体験の低年齢化が深刻になっており、過去には小学5年生が妊娠するケースもあった。中国台湾網が伝えた。

その他の写真

台湾の産婦人科医師・李茂盛(リー・マオション)氏は、年に30人は16歳以下の妊娠した女性を診ている。妊娠した子どもに付き添って病院を訪れる親は、そのほとんどが怒りをあらわにしている。中には短期間に複数の男性と性交渉を行ったことで、DNA鑑定をしなければ父親が誰かもわからないケースもある。

李氏のもとには以前、小学5年生で腹部が膨らみ、月経が止まった女子児童が訪れた。母親は何かの病気ではないかと疑って受診したというが、結果はなんと妊娠していた。女子児童はクラスメートと何度か性交渉を行っていたが、妊娠するとは思っておらず、相手の男子児童は妊娠を知らされると驚いて泣き出したという。双方の親が話し合った結果、男子児童の親が賠償金を支払い、女子児童は中絶することになった。(翻訳・編集/北田
最新ニュースはこちら

SNS話題記事