ジャッキーやジェット・リーに続け!期待のカンフー新星にデニス・トーら―香港

配信日時:2015年6月20日(土) 12時50分
ジャッキーやジェット・リーに続け!期待のカンフー新星にデニス・トーら―香港
画像ID  472947
19日、数多くのカンフースターを生み出してきた香港の映画界だが、次世代の期待されるスターとして、デニス・トーらの名前が挙がっている。写真は北京五輪出場時のユエン・シャオチャオ。
2015年6月19日、数多くのカンフースターを生み出してきた香港の映画界だが、次世代の期待されるスターとして、デニス・トー(杜宇航)らの名前が挙がっている。新浪が伝えた。

その他の写真

1960年代のジミー・ウォン(王羽)やロー・リエ(羅烈)にはじまり、ブルース・リージャッキー・チェン(成龍)、ジェット・リー(李連杰)、90年代にはドニー・イェン(甄子丹)と数々のカンフースターが活躍してきた。彼らの偉業を受け継ぐ次世代のスターとして、新浪では期待の星を紹介している。

後継者の筆頭として名前が挙がるのは、映画「葉問前傳」で伝説的な武術家イップ・マンを演じたデニス・トー。6歳でカンフーをはじめ、18歳で香港チャンピオンを獲得した逸材だ。

映画「TAICHI/太極 」で注目され、ジェット・リー2世として期待されるのがユエン・シャオチャオ(袁暁超)。北京五輪では男子長拳で金メダルを獲得、2010年のアジア大会でも優勝して映画界に迎えられた実力派だ。

シー・シャオロン(釋小龍)は2歳から少林寺の著名な方丈にカンフーを学び、5歳で子役デビュー。ユエン・シャオチャオと同じく、1988年生まれの27歳。これまで数々のドラマに出演してきたが、今後は映画界での活躍が期待されている。(翻訳・編集/Mathilda
最新ニュースはこちら

SNS話題記事