日韓、互いの好感度5年で急落、「好き」は10%以下=韓国ネット「それでも日本旅行が大好きな韓国人」「日本人が韓国を嫌う理由が分からない」

配信日時:2015年6月19日(金) 7時56分
日韓、互いの好感度5年で急落、「好き」は10%以下=韓国ネット「それでも日本旅行が大好きな韓国人」「日本人が韓国を嫌う理由が分からない」
画像ID  472631
18日、日韓の互いへの好感度はここ5年で急激に下落したものの、関係改善を望む声が多いとの世論調査の結果が出た。これについて、韓国のネットユーザーからはさまざまなコメントが寄せられている。資料写真。
2015年6月18日、韓国・東亜日報によると、日韓の互いへの好感度はここ5年で急激に下落したものの、関係改善を望む声が多いとの世論調査の結果が出た。

その他の写真

朝日新聞と東亜日報はこのほど、日韓国交正常化50周年に合わせ合同の世論調査を行った。その結果、相手の国を「嫌い」と答えた日本人は26%、韓国人は50%で、「好き」の回答は日本人が10%、韓国人が6%だった。2010年に「日韓併合100年」に合わせ行った同様の調査で「好き」の回答は日本人が18%、韓国人が11%あったのと比較すると、いずれも急落したことが分かる。逆に、「嫌い」の回答は日本人が10%、韓国人は36%から急増した。

一方、両国の今後の関係については、日本人の64%、韓国人の87%が「関係改善を望む」と答えた。また、相互理解を進めるために最も重要なものとしては、日本人は「経済および技術協力(27%)」、韓国人は「謝罪と補償問題の再検討(46%)」を挙げた。

これについて、韓国のネットユーザーからはさまざまなコメントが寄せられている。

「好きも嫌いも、そもそも日本に関心がない」
「日本人が関係改善のために経済協力を選ぶとは。それだけ、日韓の歴史を教育すらされてないんだな」
「日本人はまず加害者だという事実から認めろ」

「日本人とは友達になれない」
「日本人は裏表がある民族!強い者に弱い民族!」
「反省を知らないやつらを好きになれるはずがない」
「日本人がなぜ韓国を嫌うのか分からない。やられたのは韓国の方なのに」

「日本を嫌いなのに、日本旅行はものすごく好きな韓国人たち」
「日本語学科の僕も、日本が嫌い」
「日本を好きだと言う人が理解できない」
「現実は、日本人は世界のどこでも歓迎され、韓国人は世界で憎まれている」(翻訳・編集/和氣)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事