朴大統領、日本との関係改善を訴え「硬直した関係を解くことが重要」=韓国ネット「この国から出て行け」「MERSに感染したのか?」

配信日時:2015年6月16日(火) 6時51分
朴大統領、日本との関係改善を訴え「硬直した関係を解くことが重要」=韓国ネット「この国から出て行け」「MERSに感染したのか?」
画像ID  472125
15日、韓国メディアによると、日本と韓国が22日に国交正常化50周年を迎えることに関連し、韓国の朴槿恵大統領が「未来志向的な発展に向けた方案を探してほしい」と述べた。これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。資料写真。
2015年6月15日、韓国・聯合ニュースによると、日本と韓国が22日に国交正常化50周年を迎えることに関連し、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領が「未来志向的な発展に向けた方案を探してほしい」と述べた。

その他の写真

朴大統領は同日の首席秘書官会議で、「日韓国交正常化50周年を記念してさまざまな記念行事を行うことよりも、硬直した関係をどう解いていくかということがより重要な意味を持つ。両国が異なる意見を持つ事案もあるが、協力が必要な事案を中心に両国関係の未来志向的な発展に向けた方案を探してほしい」と述べた。

朴大統領の発言は、慰安婦問題や領土問題などとは別に、経済や安全保障などの分野では関係改善が急がれるという点を強調したものとみられている。

これについて、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せている。

「部下たちを全員連れて、この国から出て行ってくれない?」

「そんなことを言っている暇があるのなら、米国に行けば良かったのに。保健福祉部の長官と一緒にマスクをして!」

「旅行に行けないストレスで頭がおかしくなった?」

「硬直した日韓関係を解決させるよりも先に、国内の問題を解決してくれない?」

「安倍首相に会いに行く時はMERSも一緒に連れて行ってね」

「口を開けば妄言を吐く安倍首相と何が違う?」

「『日本は北東アジアの平和と繁栄のために必要な国。重要な友邦国だ』ってこと?大統領はMERSに感染してしまったようだ」(翻訳・編集/堂本
最新ニュースはこちら

SNS話題記事