日本と韓国、「他人に対する配慮」に違い=韓国ネット「野蛮人があまりに多い」「問題は本人が理解していないこと」

配信日時:2015年6月15日(月) 1時12分
日本と韓国、「他人に対する配慮」に違い=韓国ネット「野蛮人があまりに多い」「問題は本人が理解していないこと」
画像ID  471214
14日、韓国のインターネット掲示板にこのほど、「韓国と日本の市民意識レベル」とするスレッドが立ち、日韓の「他人に対する配慮の違い」が紹介された。これに対し、韓国のネットユーザーから多くの意見が寄せられている。資料写真。
2015年6月14日、韓国のインターネット掲示板にこのほど、「韓国と日本の市民意識レベル」とするスレッドが立ち、日韓の「他人に対する配慮の違い」が紹介された。

その他の写真

スレッド主は、中東呼吸器症候群(MERS)のスーパースプレッダー(多くの人への感染拡大の元となった患者)だった最初の患者と、第2のスーパースプレッダーだった14番目の患者が、せきの症状がありながらマスクをせずに病院に通っていたことを指摘。「せきがひどくなってもマスクを使わず、あちこちの病院を駆けずり回っていた。こんなやつがいるか?いったいどうなってしまったんだ。韓国は他人に配慮する文化が下の下なのか」とし、「隣国の日本は軽い風邪でも、他人への配慮からマスクをして移動する。私たちは、なぜいつも自分のことしか考えないのだろう?」と嘆いている。

この主張に対し、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。

「日本の民度が高いのは、悔しいことだが正しい」
「昔は『東方礼儀の国』と言われたのに…」
「左翼政権が10年続いたことで、基本的な道徳さえ失われてしまった」
「日本が韓国人の精神を台無しにしたのだ。韓国人の精神を返せ」

「まあ、韓国が後進国ということだ」
「マナーを定着させねばならない。野蛮人があまりにも多い」

「確かにそうだ、自己隔離要請を受けた50代の女性がゴルフ行っていたことや、同じく自己隔離要請を受けた別の女性が旅行に行ったことがあった。これは深刻な社会問題だ」
「利己主義が大韓民国の主流となってしまった理由を見つける必要がある。利己主義は組織と社会、ひいては国家を滅ぼす」
「率直に言って、韓国の民度は日本に比べてずいぶん下だ。問題なのは、レベルが低いということさえ、本人は理解していないことだ」(翻訳・編集/三田)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事