韓国キムチ、大腸菌群の衛生基準引き下げで中国再上陸=中国で批判噴出「わが国は世界に逆行している」「政府が袖の下をつかまされた?」

配信日時:2015年3月25日(水) 19時29分
韓国キムチ、大腸菌群の衛生基準引き下げで中国再上陸=中国で批判噴出「わが国は世界に逆行している」「政府が袖の下をつかまされた?」
画像ID  460312
26日、中国で食品衛生基準が見直され、韓国の伝統的発酵食品・キムチの中国向け輸出が再開されることになった。中国のネットユーザーからは批判のコメントが相次いでいる。
2015年2月26日、環球時報によると、中国で食品衛生基準が見直され、韓国の伝統的発酵食品・キムチの中国向け輸出が再開されることになった。

その他の写真

中国では単に「泡菜(パオツァイ=漬物)」と呼ばれていた「キムチ」の中国名を韓国農林畜産食品部が「辛奇(シンチー)」と定め、中国向けの輸出拡大を図ったが、キムチに漬物の衛生基準が適用されていたことから、規定を満たせず、輸出できない状態が続いていた。旧基準では100グラム当たりの大腸菌群は30個までだったが、新基準では1グラム当たり10個以下と大幅に緩和された。

大腸菌に関する衛生基準が引き下げられたことに、中国では多くの人が強い不満を抱いており、ネット上では批判のコメントが相次いでいる。

「衛生基準見直しだと?!」
「緩和しすぎだ!」
「どの国も食品安全基準を厳しくしているのに、わが国は逆か…」
「なんで基準を引き下げるんだ。意味不明」
「中国の基準はもう十分低いのに、どこまで下げるんだよ」

「買う人はひどいマヌケだ」
「亜硝酸塩と大量の細菌…」
「中国政府はどれだけ袖の下をつかまされたんだ?」

「中国産キムチ輸入差し止めの問題はどうなった?」
「韓国が中国のニンニクの輸入を認めなかったように、キムチも持って帰らせろ」
「中国にも漬物はある。わざわざ輸入する必要なんてない」
「中国国内の朝鮮族が作ったキムチの方が清潔でおいしい」
「四川泡菜だってあるのに」(翻訳・編集/岡田)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事