日本の新型ステルス戦闘機開発に、「日本の技術、恐ろしい」「韓国はまずは複葉機から」―韓国ネット

配信日時:2015年3月22日(日) 7時21分
日本の新型ステルス戦闘機開発に、「日本の技術、恐ろしい」「韓国はまずは複葉機から」―韓国ネット
画像ID  459791
21日、日本が新型の第5世代ステルス戦闘機「F−3」の開発を進めているとの報道に、韓国のネットユーザーは「日本の技術、恐ろしい」「韓国はまずは複葉機の開発から」などと反応している。写真は自衛隊の観閲式。陸上自衛隊HPより。
2015年3月21日、韓国・ソウル新聞は、日本が新型の第5世代ステルス戦闘機「F−3」の開発を進めていると報じた。防衛省が目標としている性能は、現存する最強の米国戦闘機F−22ラプター(Raptor)に匹敵するレベルになるとされ、韓国のネットユーザーは「日本の技術、恐ろしい」「韓国はまずは複葉機の開発から」などと反応している。

その他の写真

ソウル新聞は日本メディアが17日に伝えた日本政府関係者の話を引用し、「防衛省がF−3と命名した最先端の戦闘機の独自開発方針を固めた」と報道。計画された性能で登場した場合、北東アジアの戦略環境を一変させるほどの兵器となるため、韓国や中国など周辺国から懸念の声が出ている、とも伝えた。

韓国・ニューシスによると、中国共産党系の環球時報も19日、「F―3には推力15トン級エンジンXF5が搭載され、エンジンの開発のためにF―3試作機であるATD−X(心神)が今年の夏から16年末までの約1年半の間、試験飛行を行う」との記事を掲載した。

記事は「日本のIHI社と防衛省技術研究本部が共同で開発中のXF5エンジンの性能は、米国のF―22ラプターやロシアのステルス機・スホーイT―50 PAK FAのエンジンと比較しても遜色のないものとなる」と言及。さらに、日本メディアの報道を引用して、「F―3の開発に成功し、今後、退役する航空自衛隊のF―2とほぼ同数の100機前後を自衛隊に納入した後は、国産ステルス機輸出のための礎石として期待している」と指摘した。

一連の報道に韓国のネットユーザーは
「日本の技術、恐ろしい」
「すでにかなりのレベルまで開発が進んでいるらしいぞ。韓国は何をしている!」
「日本版ステルス戦闘機が韓国の空を飛んだら、見つけられない」
「日本の空軍力、すごいことになるね」
「技術と技術者の重要性を理解している日本と、技術を重要視しない韓国は大違いだ」
「技術力の優れた日本とは違い、韓国は独自技術で戦闘機をつくれない」
「韓国人は、これまで何をしてきたんだ。国防予算を自分のポケットに入れるのに大忙しだ」
「李明博(イ・ミョンバク)が無駄使いした国民の血税を、盧武鉉(ノ・ムヒョン)が計画した自主国防の実現のために使っていたら、韓国にもステルス機能を装えた次世代戦闘機の生産に乗り出していただろう。日本は好きじゃないが…。F−3、本当にうらやましい」
などのコメントを寄せた。

自虐気味に
「われわれには開発する技術がないから、F―3を買ってくればいい。日本は韓国に売ってくれるかな?」
「韓国はまずは複葉機の開発からだろう」
などの書き込みもあったが、その一方で
「心配するな。韓国には天下無敵の慰安婦少女像がある」
「従軍慰安婦の被害者のお婆さんたちが号泣したら、ステルス戦闘機だけじゃなく、オバマも身動きできない」
との声も飛び出した。(編集/KU)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事