中韓FTAで韓国製品が安く買えるとのニュースも「別に買いたいものはない」「日本製品の方がいい」と中国ネットはしらけ気味

配信日時:2015年2月27日(金) 12時21分
中韓FTAで韓国製品が安く買えるとのニュースも「別に買いたいものはない」「日本製品の方がいい」と中国ネットはしらけ気味
画像ID  456677
26日、中国国営テレビは、中韓双方が25日、自由貿易協定に仮署名し、中韓FTA交渉がすべて完了したと伝えた。これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。
2015年2月26日、中国国営テレビ(CCTV)は、中韓双方が25日、自由貿易協定(FTA)に仮署名し、中韓FTA交渉がすべて完了したと伝えた。

その他の写真

中国国営テレビは、「一定の期間を経て両国は品目ベースで90%、輸入額ベースで85%の関税を撤廃する。これは中国の庶民にとって韓国の安くて良い品をたくさん買えるようになることを意味している」と伝え、何を買いたいかと尋ねている。

このニュースが、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で伝えられると、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「韓国には別にいいものはない」
「別に韓国から買いたいと思うものなんてないな」
「韓国にはキムチのほかに何かあるのか?」

「韓国のスキンケア用品は人気が出るな」
「日本製品の方が韓国製品よりもいいのでは?」
「二流国のものだからな。われわれのパクリ品の方がまだいいかもしれないぞ」

「わが中国はものが豊富でコピー技術が高いのに、このうえ韓国のものなんて必要なのだろうか」
「ポイントは(韓国の)国内品と輸出用で品質が同じなのかどうかということだ」
「そうしたら香港に行って買い物をすることはなくなるね」

「明らかに韓国はわが国に敵意を持っているのに、なんで中国庶民のお金で韓国をもうけさせようとするのだ?」
「問題はわれわれが買えるものが本当に韓国製品なのかということだ。もっといい方法は韓国のロッテ免税店を中国でオープンさせることだと思う」(翻訳・編集/山中)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事