訪日中国人が「バカでもわかる」と唸った、日本の細か過ぎるもの―中国ネット

配信日時:2015年2月3日(火) 1時52分
訪日中国人が「バカでもわかる」と唸った、日本の細か過ぎるもの―中国ネット
画像ID  453118
26日、中国のインターネット上に、日本の細やかな気配りを紹介する文章が掲載された。写真は地図。
2015年1月26日、中国のインターネット上に、日本の細やかな気配りを紹介する文章が掲載された。

その他の写真

日本人が普段気にも留めないようなことが、外国人の目には新鮮に映ることもある。外国人観光客の増加に伴い、そうした外国人の“驚き”から、日本の素晴らしさを再認識する機会も増えてきた。日本を訪れた中国人は、日本人の仕事の細かさが目にとまったようだ。以下は掲載された文章。

日本では誤って恥をかく心配はない。なぜなら、至る所に詳しい説明が書かれているからだ。新幹線のすべての座席には、何号車にトイレ、ごみ箱、公衆電話があるかが図ではっきりと描かれている上、日本語と英語で説明書きがある。

地下鉄の駅構内には、駅周辺の詳しい地図が掲示されていて非常に便利だ。上が北で下が南というものではなく、その位置を上空から俯瞰した様子をそのまま地図に投影しているのだ。そのため、どこに何があるのかすぐにわかる。ある人は「バカでもわかる地図だ」と言っていた。

日本の飲食は、必ずしも中国人の口に合うとは限らない。しかし、日本のレストランで注文に困ることは絶対にないはずだ。多くのレストランでは、入口に精巧に作られた食品サンプルが飾られているのだ。これらはロウで作られていて、実際の料理の内容、形状、数量を忠実に再現している。食品サンプルがない店でも、メニューにはたいてい写真が付いていて、値段や料理の説明が記載されている。見ているだけでお腹がいっぱいになりそうだ。(翻訳・編集/北田
最新ニュースはこちら

SNS話題記事