「史上最高のイケメン皇帝」と話題、俳優アーリフ・リーが時代劇初挑戦―香港

配信日時:2015年1月10日(土) 21時40分
「史上最高のイケメン皇帝」と話題、俳優アーリフ・リーが時代劇初挑戦―香港
画像ID  450307
9日、高視聴率をキープしている時代劇ドラマ「武媚娘伝奇」で、皇帝役を演じるアーリフ・リーが「史上最高のイケメン皇帝」と話題だ。
2015年1月9日、高視聴率をキープしている時代劇ドラマ「武媚娘伝奇」で、皇帝役を演じる俳優アーリフ・リー(李治廷)が「史上最高のイケメン皇帝」と話題だ。国際在線が伝えた。

その他の写真

女優ファン・ビンビン(范冰冰)が「中国3大悪女」の1人で唐の女帝・武則天を演じる。映画「李小龍(ブルース・リー)マイブラザー」などで知られる香港の人気俳優アーリフ・リーが、武則天の夫で第3代皇帝・高宗を演じている。

アーリフ・リーは時代劇初挑戦。中国メディアのインタビューで、「58歳で他界するまで演じるが、後半は老け顔メークをするし、いずれ顔は注目されなくなるだろう」と話している。

香港人のアーリフ・リーにとって、故事成語が並ぶ難しい中国語のセリフが何よりの難関となっている。「武媚娘伝奇」はこのほど、放送がいったん中止され、女優陣の胸元が見える画像が一斉削除されたことが話題に。女優陣の胸元があらわなことは放送前から大きな話題だったが、アーリフ・リーによると、撮影中はセリフを言うのに一生懸命で、相手の胸を見る余裕はないという。(翻訳・編集/Mathilda)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事