日本の韓流ブームは続いている!K−POPアイドルが日本に行く理由とは?―韓国ネット

配信日時:2015年1月12日(月) 0時20分
日本の韓流ブームは続いている!K−POPアイドルが日本に行く理由とは?―韓国ネット
画像ID  450114
4日、韓国のインターネット掲示板に「日本の2014年コンサートの観客動員数ランキング」と題するスレッドが掲載された。写真はK−POPアイドル。
2015年1月4日、韓国のインターネット掲示板に「日本の2014年コンサートの観客動員数ランキング」と題するスレッドが掲載された。

その他の写真

スレッドを立てたユーザーは、日本のメディアが発表した「2014年コンサートの観客動員数ランキング」を紹介。「2位には92万人を動員したBIGBANG、7位には69万人を動員した東方神起がランクイン。そのほかにも、20位にEXO、21位に少女時代、27位にスーパージュニア、29位にシャイニー、34位に2PM、39位にFTISLAND、41位にテソン(BIGBANG)がランクインした。これだから、K−POPアイドルは日本に行かずにはいられない」と書き込んでいる。

これについて、ほかのネットユーザーが以下のようなコメントを寄せている。

「日本でのBIGBANGの人気はすごい!」
「こんなに人気があるんだから、わざわざ日本語で歌わなくてもいいんじゃない?韓国で歌っても売れるはず。韓国のアイドルが日本語で歌うことを問題視するべき」

「この結果を見たら、日本に行かない理由はないね」
「BIGBANGが2位というのは意外だ。東方神起はすごく人気があったのに、2人になってから人気が落ちたようだ」

「BIGBANGのテソンは日本でどれだけ稼いでいるんだ?『親日派』と批判されても仕方ないね」
「韓国にはコンサート会場が少ない。だからみんな日本に行っちゃうんだ」

「日本の韓流ブームは終わったという人もいるけど、実はまだ続いていて、とても注目されている。このランキング結果が何よりの証拠だ」
「どうせ客はおばさんばかりでしょ?」(翻訳・編集/篠田)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事