サムスン製端末、販売台数を実際の2倍と水増し発表か=極秘内部文書で判明―中国メディア

配信日時:2014年4月14日(月) 21時39分
画像ID 
14日、韓国サムスン製のタブレット端末「Galaxy Tab」の11年の販売台数について、米アップルはこのほど「発表された数字の半分に過ぎなかった」と指摘した。
2014年4月14日、中国メディア・網易によると、韓国サムスン製のタブレット端末「Galaxy Tab」の11年の販売台数について、米アップルはこのほど「発表された数字の半分に過ぎなかった」と指摘した。サムスンの極秘内部文書で判明したとしている。

サムスンの幹部は11年、「Galaxy Tab」の販売台数が「200万台を突破した」と投資家らに説明。これを受け、各メディアは一斉に「タブレット端末市場におけるアップルのシェアは1カ月半で95%から75%と急速に縮小した」と報道。「アンドロイド端末がiPadを超えた」とみられていた。

しかし、アップルはこのほど、サムスンが12年2月に作成した極秘内部文書を特許侵害訴訟の過程で確認。「サムスンは投資家をミスリードした」と指摘し、「Galaxy Tab」の販売台数が発表の半分だったことを暴露した。(翻訳・編集/AA)
おすすめ記事
最新ニュースはこちら

SNS話題記事