田母神氏の都知事選出馬、“極右”意見の中、「魅力的」「博識で気品」の声も多数―中国版ツイッター

配信日時:2014年1月6日 20時40分
  • 画像ID 406350
写真を大きなサイズで!
6日、日本メディアの報道によると、猪瀬直樹前東京都知事の辞職に伴う都知事選に、元航空幕僚長の田母神俊雄氏が出馬の意向を固めた。中国版ツイッターでも数多くの意見が投稿された。写真は東京都庁。
2014年1月6日、日本メディアの報道によると、猪瀬直樹前東京都知事の辞職に伴う都知事選に、元航空幕僚長の田母神俊雄氏が出馬の意向を固めた。田母神氏は航空幕僚長時代に、「わが国が侵略国家というのはぬれぎぬ」と過去の侵略戦争や植民地支配を正当化する内容の論文を発表していたこともあり、中国版ツイッターでも数多くの意見が投稿された。以下はその代表的なコメント。

そのほかの写真

「絶対当選するな!」
「日本の行く末は、ますます暗い。こんなわけのわからん自衛隊上がりの男が、堂々と政治活動するんだから…」(原文ママ、日本人ユーザーと思われる書き込み)
「田母神氏は歴史の読み解き方や結論を間違った。歴史は日本が侵略国家だったことを証明しており、彼は右翼蔓延る日本において、極右的な人間だ」と、否定的な意見がみられたが、数は少なかった。投稿されたコメントの中には以下のような肯定的な意見が数多く見られた。

「田母神氏は間違いなく愛国者だ。おまけに人気もある。以前彼が広島で行った講演を聞く機会があったが、魅力的な人物という印象を受けた」
「偏った愛国者という一面以外では、割と人格者なイメージがある。彼がネットに掲載したコメントを見る限り、博識で気品を感じさせる言葉使いで、下品な言葉は一切見られなかった」(翻訳・編集/内山)

関連記事:

昨年の紅白歌合戦は孤独な日本の自賛、まるでギョーザやマーボー豆腐のなくなった食卓のよう―中国メディア

5日、昨年の大晦日もNHK紅白歌合戦は熱く賑やかなムードのなか、幕を下ろした。過去数年に比べ、昨年の紅白のテーマはややシンプルで、国際的要素に欠けていた。資料写真。

<靖国参拝>靖国の“間違い”は小中学校から始まっている―中国紙

3日、京華時報は記事「専門家:日本、間違えた靖国史観のプロパガンダを小中学校から開始」を掲載した。靖国神社や日本の歴史教育の問題性について論じている。写真は日本の小学校。

<靖国参拝>中国は憂慮するより喜ぶべき、世界の批判は中国から日本へ移った―SP華字紙

1日、米スタンフォード大学研究員の薛理泰氏は安倍首相の靖国参拝について、中国は憂慮するより喜ぶべきだと指摘した。写真は中国紙の靖国報道。

猪瀬都知事が辞職へ=「辞めて当然」「恥を知るだけマシ」「中国の汚職官僚ときたら…」―中国版ツイッター

19日、東京都の猪瀬直樹知事は、医療法人「徳洲会」グループから5000万円を受け取った問題を受けて、午前10時過ぎに都議会の吉野利明議長に辞職願を提出した。このニュースは中国でも話題を集め、中国版ツイッターには多数のコメントが寄せられている。

<靖国参拝>日本右翼勢力が国際的共通認識に挑戦、ロシア政府が中国に同調―中国メディア

29日、中国新聞網は、靖国神社参拝に対するロシア政府の反応を報じた。中国の主張に同調し、日本右翼勢力が反ファシズム戦争勝利という国際的共通認識に挑戦していると批判した。写真は中国テレビ局の報道。
おすすめ記事
  • 最新
  • 時事
  • 国際
  • 社会
  • スポーツ
  • エンタメ
  • 地域
  • 経済
  • 文化
  • 広場
  • 話題
最新ニュースはこちら

広場トピックス

[PR]注目キーワード

SNS話題記事

広場アクセスランキング

最新ニュース