<尖閣問題>中国の知識人が見た反日デモ=「わが国からは知日派が失われてしまった」―独メディア

配信日時:2012年10月2日 10時4分
  • 画像ID 349367
写真を大きなサイズで!
20日、独ラジオ局ドイチェ・ヴェレ中国語サイトは記事「中国の知識人が見た反日デモ」を掲載した。尖閣諸島問題を巡って巻き起こった反日デモと暴動について、多くの知識人が自身の意見を発表している。写真は重慶の反日デモ。
2012年9月20日、独ラジオ局ドイチェ・ヴェレ中国語サイトは記事「中国の知識人が見た反日デモ」を掲載した。尖閣諸島問題を巡って巻き起こった反日デモと暴動について、多くの知識人が自身の意見を発表している。

そのほかの写真

中国社会科学院農村発展研究所の于建●(ユー・ジエンロン、●は山へんに栄)研究員は、今回の暴動を「民衆の不満の発散であり、政府は社会秩序が失われた原因と関係者の責任を追究し、メディアはナショナリズムの危険性を検討すべきだ」と述べている。

芸術家の艾未未(アイ・ウェイウェイ)氏は「中国で最後に起こった『本当の』デモは1989年の天安門広場のデモだった。今回も自発的な行動に見せかけようとしているが、細かな部分で綿密に計画されていることは明らかで、指導者たちが民意を弄ぶ手法の幼稚さは1960年代を思わせる」と語った。

香港中文大学の周保松(ジョウ・バオソン)氏は「国を愛していないわけではないが、この党、この政府のために心から愛することができない。今の私たちが努力しているのは、いつの日か何の迷いもなく国を愛せる日が来てほしいからだ」と述べた。

北京大学でメディアを研究する胡泳(フー・ヨン)氏は「私たちの望みは人々が愛国心によって他国からの抑圧に抵抗することであって、政府が国民の愛国心を利用して他国を抑圧することではない。私たちの望みは国が国民を幸せにすることであって、国民が国のために犠牲になることではない」とコメントしている。

経済学者の許小年(シュー・シャオニエン)氏は「中国人がこれまで溜めこんできた憤りは、強者から蹂躙(じゅうりん)を受けたからだが、彼らは強者に反抗するのではなく、弱者に向かって発散している。魯迅先生の描いた阿Qは今でも中国人の典型だ。同じ国の人間が恐怖で外に出られなくなる愛国など、聞いたこともない」と批判した。

華東師範大学の劉●(リウ・チン、●は「敬」の下に「手」)教授は「長年にわたり中日関係は好転と悪化を繰り返し、国内には多くの反日派や、一部の親日派を生んだ。だが、知日派にお目にかかることはない。われわれはこの恨み骨髄に徹する隣人について、どれだけ理解しているだろう。あちらの国民と政府は何を考え、どのような考え方の違いがあるのだろう。民国期には多くの知日派がいたが、今ではほとんど存在しない。民族全体がムードに流されるままになっている」と述べた。

上のような批判や思考が、反日デモに対して何らかの影響があったようには見えないが、一部知識人が社会運動における自身の役割について反省するきっかけとなったようだ。(翻訳・編集/岡本悠馬)

関連記事:

<尖閣問題>中国人に被害を与えたのも中国人…領土防衛が茶番劇化している―香港紙

30日付の香港紙は、尖閣諸島の国有化に抗議する反日デモで、中国人が所有する日本車や日本料理店が襲われるという事態に、「保釣(尖閣防衛)がだんだんと茶番劇化している」と報じた。写真は日本領事館があり日本人在住者も多い上海市の古北地区。

中国がついに超大国として振る舞い始めた!この地域に「怖いもの」ない時代、近い?―香港紙

25日、香港紙は、中国がついに「超大国の到来」を宣言したと報じた。写真は9月18日、西沙(パラセル)諸島を警備する兵士たちに中秋節の月餅などを差し入れする南シナ海艦隊の工程指揮部隊。

尊厳を守るために立ち上がる!日中対立の根源は中国人の自尊心―米華字メディア

26日、米華字サイトは、日中対立の根源について論じたボストン大学のリア・グリーンフィールド教授の寄稿記事を掲載した。写真は11日、北京の日本大使館前で行われた反日デモ。

<反日デモ>江沢民、胡錦濤、習近平……誰が暴徒化デモの主導者なのか?―米華字メディア

24日、米華字ニュースサイト・博訊網は、陳維健氏のコラム「誰が反日を同胞への暴行にしたのか」を掲載した。写真は27日、河北省石家庄市で国慶節を記念して重量300キロ超の巨大な中国国旗が掲げられた。

米・NYの華僑らが反日デモ、野田首相の演説に合わせ抗議行う―中国メディア

26日午前、米・ニューヨークにある国連本部前では、1000人近くの各界の華僑、華人(中国系アメリカ人)たちが集まり、反日デモを行った。中国新聞網が伝えた。
おすすめ記事
  • 最新
  • 時事
  • 国際
  • 社会
  • スポーツ
  • エンタメ
  • 地域
  • 経済
  • 文化
  • 広場
  • 話題
最新ニュースはこちら

時事トピックス

[PR]注目キーワード

SNS話題記事

総合アクセスランキング

最新ニュース