“死んだ犬の肉の粉末”入り即席ラーメンが各地で人気、北朝鮮へも出荷―中国

配信日時:2012年4月30日 21時51分
  • 画像ID 326367
写真を大きなサイズで!
28日、中国全土で犬肉インスタントラーメンの人気が高まっているが、原料には死んだ犬の肉が含まれていることが分かった。
2012年4月28日、香港・アップルデイリーによると、中国全土で犬肉インスタントラーメンの人気が高まっているが、原料には死んだ犬の肉が含まれていることが分かった。中国東北部・延辺朝鮮族自治州の食品会社が製造しており、国内のほか北朝鮮へも出荷されているという。NOWnewsが伝えた。

そのほかの写真

それによると、犬肉インスタントラーメンに使われている犬肉は、湖北省、湖南省、河南省などから集められたもの。食品会社工場から約40キロ離れたと殺場が肉を納入している。肉は工場で粉末加工され、味つけして調味料として使われる。メーカーによると、驚くべきことに原料は「すべて死んだ犬の肉」という。犬肉ラーメンは1袋2元(約25円)。北京など大都市や広東省など中国南部、遠く北朝鮮へも出荷しているという。

中国では目下、「反虐待動物法」の草案が提出されており、食用犬や猫のと殺は禁止されることになる見通し。施行されれば、違反者には5000元(約6万3700円)の罰金と15日間の拘留、違反した団体には最高50万元(約636万9000円)の罰金が科される。(翻訳・編集/AA)

関連記事:

<反動物虐待法>「犬肉料理」は省の無形文化遺産、「そんな法律あり得ない!」―江蘇省徐州市

27日、中国政府が制定作業を進める「反動物虐待法」にイヌとネコの食用禁止が盛り込まれるとの報道を受け、「犬肉料理」で有名な江蘇省徐州市沛(はい)県は大混乱に陥っている。写真は貴州省貴陽市の市場で売られている犬肉。

1万5000頭分の犬肉が胃袋へ!中国の美食イベントで―海外メディア

29日、台湾紙の報道によると、今年5月下旬に中国・陝西省で行われた美食イベントで1万5000頭の犬が食用として消費されたという。写真は10年1月、湖北省武漢市で行われた犬・猫食用反対運動。

2400年以上前の青銅器に残されていたのは「犬肉スープ」―陝西省西安市

1日、中国・陝西省西安市郊外で昨年末に発見された2400年以上前の青銅製の鼎(かなえ)に入っていた液体は「犬肉スープ」であることが分かった。

<北京五輪>「犬は人類の友だから」、犬肉食禁止で―中国

11日、北京市食品弁公室が6月に北京五輪契約レストランに対し犬肉の購入や客への提供を禁止する「禁狗令」を通達したことについて、市旅游局は「犬は人類の友だから」と説明した。写真は中国の市場で売られる犬肉。

広東名物のゲテモノ市場が完全閉鎖か?当局が取り締まりに本腰―広東省

2007年7月20日、広東省工商局は、ネズミ、ハクビシンなどの食用野生動物を扱う業者への取り締まりを強化すると発表した。関係者はマーケット完全閉鎖の可能性も示唆している。資料写真は野生動物レストラン。
おすすめ記事
  • 最新
  • 時事
  • 国際
  • 社会
  • スポーツ
  • エンタメ
  • 地域
  • 経済
  • 文化
  • 広場
  • 話題
最新ニュースはこちら

話題トピックス

[PR]注目キーワード

SNS話題記事

話題アクセスランキング

最新ニュース