中国のスラムダンクコスプレ、日本人も「そっくり!」と大絶賛―台湾メディア

配信日時:2012年3月2日 12時18分
  • 画像ID 317661
写真を大きなサイズで!
1日、バスケットボール漫画「スラムダンク」は現在でも大人気だが、中国のコスプレ作品が「原作そっくり!」と高い評価を得ている。
2012年3月1日、台湾のNOW news(今日新聞網)によると、16年前に連載が終了した日本のバスケットボール漫画「SLAM DUNK(スラムダンク)」は現在でも高い人気を得ているが、「実写化してほしくない作品」に上げる声も多い中、中国のファンがこのほど発表した同作品の登場人物たちのコスプレが注目されている。

そのほかの写真

コスプレされているのは、主人公の桜木花道からライバルの流川楓、ヒロインの赤木晴子、監督の安西先生、海南大附属高校や陵南高校の監督まで18人のキャラ。いずれも極めて高いクオリティーで、ただ見た目をまねるだけでなく、名高いシーンも再現している。

日本のネットユーザーの中には画像の修正が多すぎるとの見方もあるが、「原作そっくり!」とネット上での評判は高く、「パーフェクト!」「鳥肌もののレベル」と絶賛する声が多く聞かれた。(翻訳・編集/岡田)

関連記事:

芸術大生らによる実写版「スラムダンク」が大人気、忠実な再現ぶりが話題に―台湾

23日、日本の人気バスケットボール漫画「SLAM DUNK」(スラムダンク)を忠実に実写化した台湾の芸術大学生らによる作品が動画投稿サイトに発表され、注目を集めている。写真は中国浙江省寧波の街角の壁に落書きされたスラムダンクの登場人物。

震災で改めて気づいた=ぼくたちは日本文化を愛している―中国

22日、網易はこのほど、記事「ぼくたちはこんなに深くジャパン・エンターテインメントを愛していたのだ」を掲載した。震災によって若者は改めて日本文化にどれほど影響を受けていたか気づいたのだという。写真は10年7月、南寧市で開催されたアニメイベント。

コスプレはJAPAN COOL!アニメ「NARUTO」などキャラが続々登場―江蘇省徐州市

16日、日本アニメブームを受けて江蘇省徐州市で大規模なコスプレ大会が開催された。人気作品「NARUTO-ナルト-」や「BLEACH」などの人物に扮した8組のコンテストが行われた。「コスプレ」は既に中国語に定着している。

<オタク>日本から直輸入?アニメをこよなく愛し、引きこもり傾向も=中国に広がる社会現象

13日、中国語で「御宅」と呼ばれる「オタク」達は、日本のアニメ、漫画、ゲームをこよなく愛し、学校以外の時間はすべてパソコンの前で過ごすという筋金入り。中国でもこうした若者が増えている。写真は広東省広州市の「オタク」。

国営テレビ局放映の“感動大作”アニメ、実は日本作品の丸パクリ―中国

2009年9月、中国の国営テレビ局・中国中央電視台(CCTV)が放映したアニメ「心霊の窓」にパクリ疑惑が浮上した。2007年に公開された日本の人気アニメ映画「秒速5センチメートル」を丸写ししたような画面が多数あるという。写真は両作品の比較。
おすすめ記事
  • 最新
  • 時事
  • 国際
  • 社会
  • スポーツ
  • エンタメ
  • 地域
  • 経済
  • 文化
  • 広場
  • 話題
最新ニュースはこちら

文化トピックス

[PR]注目キーワード

SNS話題記事

文化アクセスランキング

最新ニュース