フォックスコン工場で従業員100人が屋上立てこもり、「賃上げしないと飛び降りる」―湖北省武漢市

配信日時:2012年1月10日 16時51分
  • 画像ID 309884
写真を大きなサイズで!
9日、台湾のEMS大手、フォックスコン(富士康)の湖北省武漢工場で100人余りの従業員が賃上げを求め、屋上に立てこもる騒ぎが起きていたことが分かった。写真は11年2月、武漢駅前に開設されたフォックスコンの就職希望者用受付。
2012年1月9日、台湾のEMS(電子機器受託生産)大手、フォックスコン(富士康)の湖北省武漢工場で100人余りの従業員が賃上げを求め、屋上に立てこもる騒ぎが起きていたことが分かった。米華字サイト・多維新聞が伝えた。

そのほかの写真

騒ぎの発端は今月2日、マイクロソフトのゲーム機「Xbox 360」が生産停止となり、配置転換を余儀なくされた従業員が集団で賃上げを求めて座り込みを行った。これを受け、会社側は(1)1カ月分の補償金を支払う代わりに労働契約の解除に同意する、(2)配置転換に従い、即刻持ち場に戻る―のいずれかを選ぶよう求めたが、これに反発した100人余りが工場の屋上に立てこもり、「賃上げに応じなければ飛び降りる」と抗議した。

同市の唐良智(タン・リアンジー)市長が駆けつけ、従業員らを説得。午後9時(日本時間同10時)ごろになり、事態はようやく収束した。フォックスコン側は「彼らの月収は2800元(約3万4000円)にもなる」と反論しているが、従業員の1人はネット上で「何だかんだと引かれて手元に残るのは1000元(約1万2000円)程度。これでは結婚もできない」と不満を述べている。

同社深セン工場では一昨年、従業員の飛び降り自殺が相次ぎ、低賃金で従業員を酷使する企業の体質が批判を浴びた。その後、賃上げや労働環境の改善が発表されたが、今年1月1日にも山東省煙台の工場で従業員の飛び降り自殺事件が起きている。(翻訳・編集/NN)

関連記事:

のろわれた携帯メーカー?富士康でまた従業員飛び降り、今年10件目―広東省深セン市

21日、従業員の飛び降り自殺が相次いでいる台湾系大手携帯電話機メーカー、富士康(フォックスコン)の深セン工場で、10件目の自殺事件が起きた。写真は富士康の深セン工場。

ホンダとフォックスコンが火をつけた「ストライキ・ブーム」―中国

9日、ホンダは自動車のキーなどの部品を生産している広東省の工場でストライキが発生したことを発表した。中国でのホンダ部品工場のストライキは先月以来、3件目となった。写真は5月26日、広東省仏山市のホンダ部品工場でのストライキ。

<中華経済>フォックスコンが深セン工場の従業員数を削減へ―広東省深セン市

18日、富士康国際(フォックスコン)は、深セン市内で働くグループ従業員の総数を、今後5年内に30万−35万人に縮小する考えを明らかにした。写真はフォックスコン従業員たち。

<中華経済>フォックスコンが3回目の賃上げ、最低月給1550元―中国

21日、消息筋によると、携帯端末OEMメーカーの富士康国際HD(フォックスコン)は、昨年2回の賃金引上げに続き、今年も新規雇用者の月額最低賃金を1550元に引き上げることを決めた。

富士康、従業員の相次ぐ飛び降りで防止対策に乗り出す―広東省深セン市

16日、従業員の飛び降り自殺が相次いでいる台湾系電子機器・コンピュータ部品メーカー最大手の富士康(フォックスコン)深セン工場が、心理カウンセラーを置くなど自殺防止対策に乗り出した。写真は3月1日、女性従業員の募集受付に殺到した応募者たち。
おすすめ記事
  • 最新
  • 時事
  • 国際
  • 社会
  • スポーツ
  • エンタメ
  • 地域
  • 経済
  • 文化
  • 広場
  • 話題
最新ニュースはこちら

経済トピックス

[PR]注目キーワード

SNS話題記事

総合アクセスランキング

最新ニュース