「中国機が漁船に異常接近」とフィリピンで反中感情高まる―中国メディア

配信日時:2011年7月6日 14時23分
  • 画像ID 288429
写真を大きなサイズで!
5日、南シナ海の南沙諸島海域で操業中の漁船に、中国機とみられるジェット戦闘機が異常接近した問題で、フィリピンで反中国感情が高まっている。写真は中国の戦闘機J-10。
2011年7月5日、南シナ海の南沙(英語名スプラトリー)諸島海域で6月、操業中の漁船に、中国の戦闘機J-10とみられるジェット機が異常接近した問題で、フィリピンの各メディアは中国への反発を強めている。ガズミン国防相も同4日、“国籍不明の戦闘機”としながらも、「超低空飛行による領空侵犯が国民の安全を脅かした」として、中国を暗に非難した。中国の掲示板サイト・西陸網が伝えた。

そのほかの写真

記事によると、フィリピンのアキノ大統領は8月30日〜9月2日の日程で訪中を予定している。フィリピン政府関係者は、今回の問題について「大統領が訪中をとりやめ、領空侵犯に抗議することが、両国の友好関係強化につながるとはいえない」と指摘。日程に変更はないことを示唆した。

一方、フィリピンの各メディアは、一斉に中国に対する反発を強めている。来月に予定されている米イージス艦・ハミルトンのフィリピン寄港について、「米軍がフィリピン援護に来る」と歓迎の意を表明。国民の反中感情を代弁する姿勢を見せている。(翻訳・編集/AA)

関連記事:

<南シナ海>「共同開発の申し入れがあっても応じない」中国との対立姿勢を改めて示す―フィリピン外相

1日、フィリピンのロサリオ外相代行は、領有権争いが続く南シナ海で石油共同開発の申し入れがあったとしても拒否すると言明した。写真は中国の南シナ海ガス田・東方1-1関連施設。

<南シナ海問題>米国・フィリピン、ARFでの対話と解決案摸索を呼びかけ―米華字メディア

6月30日、米国とフィリピンが東南アジア諸国連合地域フォーラムで南シナ海問題の解決策を話し合うよう表明したことが分かった。写真は中国人民解放軍の南沙諸島防衛部隊。

<南シナ海問題>フィリピン海軍、米国と合同軍事演習実施へ―英メディア

24日、フィリピンが米国と合同で28日から軍事演習を行うことが分かった。写真は南シナ海の中国の油田。

南シナ海を「西フィリピン海」に、領有権めぐり呼称変更へ―フィリピン

13日、AFP通信の報道によると、フィリピン大統領府が「南シナ海を“西フィリピン海”へ呼称変更する」と発表した。写真は南シナ海に浮かぶ中国最南端の島・海南島。

緊迫する南シナ海情勢=中国とベトナム、フィリピンが対立―米紙

10日、スプラトリー諸島問題をめぐり、中越関係が緊迫している。ベトナムは石油探査船が中国船の妨害にあったと発表、対立姿勢を強めている。写真は中国の巡視船。
おすすめ記事
  • 最新
  • 時事
  • 国際
  • 社会
  • スポーツ
  • エンタメ
  • 地域
  • 経済
  • 文化
  • 広場
  • 話題
最新ニュースはこちら

メイントピックス

[PR]注目キーワード

SNS話題記事

総合アクセスランキング

最新ニュース