日本政府が南鳥島近海で海底資源の調査、中国・韓国も強い関心―SP紙

配信日時:2011年1月5日 6時9分
  • 画像ID 271815
写真を大きなサイズで!
4日、日本政府が最東端の南鳥島近海で海底資源の本格的な調査に乗り出すことが分かった。写真は中国の漁業監視船。
2011年1月4日、仏AFP通信は、日本政府が最東端の南鳥島(東京都小笠原村)近海で海底資源の本格的な調査に乗り出すことになったと報じた。シンガポール華字紙・聯合早報が伝えた。

そのほかの写真

記事は日本メディアの報道を引用し、日本政府が4月から1年間の予定で南鳥島付近の海域を全面的に調査すると伝えた。同島近海にはレアメタルやその一種であるレアアースも豊富に含む「コバルトリッチクラスト」が多く分布しており、これまでは石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)が基礎的な調査を行ってきたが、政府の直轄に切り替わり、11年度予算案で68億円が計上された。

南鳥島は周辺国との資源争いが表面化していないが、中国や韓国も周辺海域の海底資源に関心を示しており、排他的経済水域(EEZ)外では激しい争いになることも予想される。7月には国際的な採掘ルールが決まるとみられており、速やかに鉱区などを申請できるよう準備を整えておくことで、中国や韓国との競争で優位に立ちたい考えだ。

昨年、尖閣諸島沖での中国漁船衝突事件で日中関係がぎくしゃくし、中国がレアアースの対日輸出を制限したことを受け、日本は安定供給の確保を進めている。(翻訳・編集/NN)

関連記事:

<2010年中国10大ニュース・8>日中関係が悪化した「尖閣諸島中国漁船衝突事件」

2010年に中国で起きた象徴的な10の出来事を「2010年中国10大ニュース」として振り返る。8つ目は尖閣諸島中国漁船衝突事件。写真は英雄扱いされ故郷に“凱旋”する同事件の中国人船長。

<レアアース>「中国の穴埋め」を申し出…豪外相が日本への供給に言及―中国メディア

24日、中国紙・環球時報は「中国のつくった“空白”を埋めると豪外相が発言」と題して、同国のラッド外相が、日本への長期的かつ安定したレアアースの供給について言及したと伝えた。写真は09年、江蘇省連雲港で。日本への輸出を待つレアアース。

<レアアース>輸出規制に続く新たな方針=海外資源開発にも参加へ―中国

28日、経済参考報は、中国が海外のレアアース資源開発に参入する意向を示していると報じた。成熟したレアアースの分離精錬技術を提供し、国際開発に一席を得る方針だという。写真は連雲港市の港湾に積まれた輸出用のレアアース。

中国、レアアースの違法採掘取り締まりに乗り出す―米紙

29日、米紙は「中国はレアアース違法採掘の厳しい取り締まりを始めた」と題した記事を掲載した。写真は四川省のレアアース違法採掘場。
おすすめ記事
  • 最新
  • 時事
  • 国際
  • 社会
  • スポーツ
  • エンタメ
  • 地域
  • 経済
  • 文化
  • 広場
  • 話題
最新ニュースはこちら

総合トピックス

[PR]注目キーワード

SNS話題記事

総合アクセスランキング

最新ニュース