<中華経済>民生用電力供給の確保を要求―中国国務院

配信日時:2010年11月27日(土) 6時39分
画像ID 
2010年11月23日、中国国務院は、民生用の電力使用を制限しないよう各地方政府、電力会社に緊急通達した。省エネ・排出削減の国家目標達成のため、市民の利益を損なわないよう求めた。中国の各メディアが伝えた。

中国の一部地域では、国家目標達成のため、火力発電所を強制的に停止させるなどの措置が行われている。通達は「国家目標の趣旨に反するばかりか、省エネ・排出削減の一層の展開を妨げる」と批判している。

中国政府は第11次五カ年計画(2006〜10年)の期間中、単位GDP(国内総生産)当たりのエネルギー消費量を計20%削減するという数値目標を掲げている。当初4年間で15.61%削減されたが、今年上半期は0.09%増加し達成が危ぶまれている。(翻訳・編集/JX)
おすすめ記事
  • 最新
  • 時事
  • 国際
  • 社会
  • スポーツ
  • エンタメ
  • 地域
  • 経済
  • 文化
  • 広場
  • 話題
最新ニュースはこちら

SNS話題記事