トップ >

外国製ポルノが急速に浸透=一番人気はやはり日本のアダルトビデオ―北朝鮮

配信日時:2010年10月20日 12時58分
  • 画像ID 264096
  • cfp391642931.jpg
そのほかの写真
写真を大きなサイズで!
18日、韓国紙・朝鮮日報によると、北朝鮮国内に外国製ポルノ、とりわけ日本のアダルトビデオが急速に流通しているという。特に未成年を中心に広まっており、保護者の間には悪影響を懸念する声が上がっている。写真は中国・瀋陽市で押収されたアダルトDVDや雑誌。
2010年10月18日、韓国紙・朝鮮日報によると、北朝鮮国内に外国製ポルノ、とりわけ日本のアダルトビデオが急速に流通しているという。環球網が伝えた。

米メディアにコメントした北朝鮮内部関係者によると、「北朝鮮当局は自国製DVDしか再生できないプレイヤーを大量に生産、外国産プレイヤーの基盤を国産品に取り替えるなどの対策を実施しているが、市場で外国製ポルノを買い求める人の数は日増しに増えている」という。

北朝鮮・両江道恵山市に住む住民は、「最近、市場で最もよく売れているのがポルノ。大部分が日本製で、未成年を中心に急速に広まっており、社会問題となっている」と話している。平壌北道在住のある関係者は、「市場では密輸されたDVDプレイヤーを簡単に買うことができる。自宅にDVDライターがあれば、いくらでもコピーできるので、外国製ポルノは急速に蔓延している。DVDプレイヤーを所有している家庭には、アダルトDVDの1、2枚は必ずある」とコメントした。

報道によると、北朝鮮には成人映画の年齢制限などは存在しない。また、性教育も不完全であることから、多くの保護者はポルノ商品の弊害を不安視しているという。(翻訳・編集/KT)
  • 最新記事

注目記事

[PR]注目キーワード

レコードチャイナのおすすめ

[PR]注目キーワード

写真ランキング