<続報>リサイクル食用油、当局が飲食業界の実態調査へ―中国

配信日時:2010年3月19日 18時15分
  • 画像ID 240953
写真を大きなサイズで!
19日、下水道からすくい上げた油が食用油として販売されている実態を指摘した「リサイクル食用油」のニュースが波紋を広げている。中国当局は緊急に飲食店への使用実態調査を行うとした。写真は03年、福建省福州市で摘発されたリサイクル食用油製造拠点。
2010年3月19日、下水道からすくい上げた油が食用油として販売されている実態を指摘した「リサイクル食用油」のニュースが波紋を広げている。中国国家食品薬品監督管理局は緊急通知を発布し、飲食店への使用実態調査を行うとした。場合によっては飲食サービス許可証(餐飲服務許可証)を取り消す措置もとる構え。京華時報が伝えた。

そのほかの写真

中国語では「地溝油(下水油)」として話題となっているリサイクル食用油。17日付で国営ラジオ放送サイト・中国広播網が伝えたところによると、これは下水道の汚水を汲み取り、ろ過や加熱、沈殿物除去などの作業を繰り返したものだ。

武漢工業学院食品科学工程学院の何東平(ホー・ドンピン)教授は、「中国では誰もが『リサイクル油』を食べている」と断言している。同教授の試算によると、中国人が年間で口にする食用油のうち200万〜300万tが「リサイクル油」であり、これは、10回の食事のうち1回は「リサイクル油」を使用した料理を食べている計算になる。発がん性の高いアフラトキシンを含んでおり、その毒性はヒ素の100倍という医学的データもある。

通常の食用油の半値という価格から、市場への蔓延が疑われるこのリサイクル食用油に対し、当局は調査に乗り出す。各地の飲食店において、その仕入れおよび使用状況を明確にするとともに、不審な飲食店を通報するよう、市民にも呼びかけている。悪質な飲食店に対しては飲食サービス許可証を無効とする方針も明らかにした。(翻訳・編集/愛玉)

関連記事:

「リサイクル食用油」その原材料は下水道の汚水!年間300万トンが国民の胃袋へ―中国

17日、中国人は下水道の汚水から製造された「リサイクル食用油」を年間300万tも食べている―衝撃的なニュースが中国国内で報道され大騒動になっている。写真は03年9月、甘粛省蘭州市で摘発された「リサイクル食用油」製造工場。

女性の肺がんが増加の一途、受動喫煙と調理時の油煙などが主因―中国

19日、中国で肺がんになる女性が増えている。喫煙や受動喫煙、調理時の油煙などが女性の肺がん増加の主な原因になっているとの報告がある。

「パクリ食品」が農村部に氾濫、その実態とは…?―中国

11日、有名ブランドを模倣した「パクリ食品」が中国の農村部に氾濫している。春節(旧正月)期間中に山東省と河南省で見た現状を中国メディアがレポートした。写真は08年11月、江蘇省連雲港市で摘発されたニセブランドの乳製品。

「食品安全法」の施行から8か月、全人代第13次会議で執行状況の報告―中国

25日、中国で昨年6月に施行された「食品安全法」の執行状況を調査した結果が、第11回全人代常務委員会第13次会議で報告された。企業トップの意識の低さや監視・監督体制の不足など問題点も多かった。写真は安徽省合肥市内の市場で行われた野菜の安全検査。

無許可販売の粗悪油でエンスト?エッソ傘下で返品が頻発―広東省

25日、中国広東省の広東エッソが傘下のガソリンスタンドに供給している精製油が頻繁に品質問題を起こしていると伝えられた。同社は精製油販売の営業資格を取得していないとの情報もあるという。写真は中国のガソリンスタンド。
おすすめ記事
  • 最新
  • 時事
  • 国際
  • 社会
  • スポーツ
  • エンタメ
  • 地域
  • 経済
  • 文化
  • 広場
  • 話題

経済トピックス

[PR]注目キーワード

SNS話題記事

経済アクセスランキング

最新ニュース