トップ >

この10年で絶滅した世界の野生動植物―英紙

配信日時:2009年11月1日 13時50分
  • 画像ID 225328
  • CFP197809.jpg
そのほかの写真
写真を大きなサイズで!
10月28日、英紙は、過度の狩猟や採掘、気候変動や汚染などの人類活動により、2000年からの9年間に世界中で以下の10種類の貴重な野生動植物が絶滅を迎えたと報じた。写真は人工飼育のヨウスコウカワイルカ。
2009年10月28日、英紙ガーディアンは、過度の狩猟や採掘、気候変動や汚染などの人類活動により、2000年からの9年間に世界中で以下の10種類の貴重な野生動植物が絶滅を迎えたと報じた。新浪科技が伝えた。

1、ヨウスコウカワイルカ
「水中のパンダ」と称される揚子江(長江)に生息していた淡水イルカ。中国の国家1級動物。白ひれイルカ、白旗イルカなどとも呼ばれる。鯨類の進化を研究する上で貴重な生きた化石。最後に目撃されたのは02年で、06年に行われた大規模な調査では1頭も発見されなかった。1996年から絶滅危機種に指定。07年に再調査が行われた後、「絶滅」が報告された。

2、西アフリカ・クロサイ
クロサイの中で最も希少であった亜種。アフリカ西部のサバンナの大部分に生息していた。最後の約50頭がカメルーン北部に生き残っていたが、その後の調査では発見されず、05年に絶滅が確認されている。

3、オレンジヒキガエル
コスタリカ北西部モンテベルデの標高1500m前後の熱帯雨林(雲霧林)の狭い地域に生息していた。89年以降は1匹も発見されていないため、絶滅したと考えられている。

4、ハワイガラス
ハワイ島に生息していた。野生個体は2002年以降、1羽も発見されておらず、絶滅したとみなされている。

5、セーシェル島のカタツムリ
セーシェル島固有のRhachistia aldabraeという種類のカタツムリ。94年から1匹も確認されておらず、絶滅したと考えられている。

6、セントヘレナレッドウッド
セントヘレナ島の固有植物。1718年には島のほとんどで消滅し、20世紀半ばに最後の1本が枯死。自然に自生しているものは絶滅した。

7、ポオウリ
マウイ島の自然林に住むハワイ固有の鳥。04年以降、生息が確認されておらず、絶滅したとみられている。

8、シロオリックス
北アフリカに生息していた大型の哺乳動物。野生種は絶滅している。

9、アオコンゴウインコ
ブラジルのバイーア州北部の固有種。00年以降、野生個体は発見されておらず、絶滅したとみられている。

10、ウッドオニソテツ
南アフリカ原産。野生種は絶滅した。雌株は完全に絶滅。植物園にわずかな雄株が残されているのみだ。(翻訳・編集/NN)
  • 最新記事

注目記事

[PR]注目キーワード

レコードチャイナのおすすめ

[PR]注目キーワード

写真ランキング